ひがし茶屋街

エリア
石川県 / 金沢
アクセス・周辺情報
アクセス・周辺情報
芸妓の歩く石畳と出格子の町家
金沢を代表する茶屋街のひとつで、美しい出格子と石畳が続く古い町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。ひがし茶屋街は文政3(1820)年、12代藩主・前田斉広の頃に整備され、江戸時代の茶屋街としての名残を感じさせる。現在も茶屋街創設時から明治初期に建築された茶屋様式の町家が多く残されており、建物の良さはそのままに、和菓子店や雑貨店、カフェなどにリノベーションされている。

インフォメーション

ひがし茶屋街 ( 石川県 / 金沢 )

  • 住所
    石川県金沢市東山

    アクセス

    [電車]金沢駅からバスで約7分、「橋場町」下車徒歩約4分 [車]北陸自動車道 金沢東ICまたは金沢森本ICから約15分
  • TEL
    076-232-5555
    金沢市観光協会

SNS公式アカウント最新情報