女優 戸田菜穂
“旅先ではその土地の息遣いを感じて
住んでいる人みたいに過ごしたい”
映画『高津川』で、島根の高津川流域に生きる
強く優しい女性を体現している戸田菜穂さん。
ロケ先での過ごし方や地元の方との触れ合い、
旅先での楽しみ方などを語ってくれました。
取材・文/小林未亜
撮影/島本絵梨佳
ヘアメイク/酒井啓介

島根を流れる清流・高津川の流域に暮らす人々の日常を描いた、映画『高津川』。まずはオファーを受けた時のお気持ちを教えてください。

台本を読んだ時、本当に川の水のようにすーっと染み込んでいくような印象を受けて、ぜひこの作品の一員になりたいと思いました。すごくドラマチックなことが起きるわけではないのですが、映像化されると、神楽のシーンがすごく盛り上がっていたり、私の想像以上に衝撃的な作品になりました。自然もすごく雄弁に語ってくれているので、とにかく私たちはいかにあの土地に住んでいる人に見えるか、馴染めるかというのが課題でしたね。

土地に馴染むために、特別にされたことはありましたか?

日本海に夕日が沈む風景が美しかったり、川の水もきれいで。自分の原風景というか、私たちのふるさとそのものみたいなところだったので、そこにいるだけですーっとそういう気持ちになりました。助けてもらいましたね、自然の力に。

あと、(島根県の)益田の方たちがみなさん温かくて。エキストラを募集したら建物の外まで行列ができていて、小学生の女の子も「高津川のきれいさを全国の方に知ってもらいたいから来た」と言って並んでくれたみたいです。みなさん、愛があるんだなと思いました。高津川を誇りに思って生きていらっしゃるから、お話をしていてもすごくポジティブなんです。きっと満たされていらっしゃるんだなと思いました。

撮影中、地元の方とも交流されましたか?

たくさんしました! エキストラさんの演技のうまさにびっくりで。私のセリフに対してちゃんと受けたお芝居をしてくれたりして、ナチュラルですっごく上手なんです。みなさん長い撮影にもずっと付き合って、何回もやってくださいました。本当に感謝しています。この映画は、みんなで一丸となって作った感じですね。神楽の方たちも協力してくださって、中打ち上げで私たちのためだけにサプライズで舞ってくださったんですけど、感動して涙が出ました。

劇中、役者のみなさんが地元の言葉をしゃべっていたのも印象的でしたが、戸田さんは広島のご出身ですよね。

そうです。益田は広島の方が移り住んでいたりもするみたいで、ほぼ広島弁でいいと言われて、本当にいいのかな?と思いながら演じました。私は広島弁寄りで、(岡山県出身の)甲本さんは岡山弁寄りだったかもしれません(笑)。今回の撮影では、方言指導も付けなかったんです。付けてセリフ調になってしまうより、思いが伝わった方がいいと監督も仰るので、自由にやらせていただきました。でも、地元のエキストラさんたちに「おかしくないですか?」、「大丈夫」「いや、こういう風に言ったらもっといい」とか、その都度確認しながらできたのが有難かったですね。

いい関係性ですね。元々高津川周辺に思い入れはあったんですか?

益田に行ったのは初めてで、実は高津川の存在も知らなかったんです。今回、撮影に伺って、こんなにいいところがあったんだ、と思いました。鮎もおいしいし、水がきれいだからコーヒーもすごくおいしいお店があるんですよ。両親に教えたら、さっそく行ったみたいです。広島の景色ともまた違って、本当にいいところ。夕陽も圧倒的にきれいで、時間がゆっくり流れているし、土も元気だから野菜もおいしくて、イタリアンもおいしいお店がありましたね。いろいろ行きました、一人でもふらっと。

撮影の時は、いつもその土地を見て回ったりするんですか?

ホテルにこもっているタイプではなく、せっかくだからと思って出かけますね。私、おいしいお店をくんくんってかぎ分けるのが上手だと思います(笑)。ちょっと入りにくそうなお店にも入ります、勇気を出して。カウンター割烹みたいなお店や、バー、喫茶店とか。

この映画を見て、高津川に行ってみたいと感じる方も多そうですよね。戸田さんご自身は、これまでに見て「旅に出たい」と思った映画はありますか?

いっぱいありすぎます。すごく印象的だったのは『男と女』というフランス映画ですね。母が好きだったこともあって、すごく憧れていました。19歳の時に初めてフランスに行ったんですけど、『男と女』の撮影をしたノルマンディーのドーヴィル海岸に行けた時に、母も喜んでいたし、私もすごく感動したのを覚えています。大学でフランス語専攻だったので、10代・20代前半はもうフランスかぶれで、家のインテリアもそれっぽくしたりしていました。

京都や沖縄も好きですし、大好きなところはいっぱいあるんですけど、行くと自分がそれっぽくなっちゃうんです。

けっこう影響されやすいのですか?

すごく(笑)! 旅人だけど、そこに住んでいる人みたいに振舞いたいと思っていて。パリでもキッチン付きのところに滞在したりして、住んでいるように過ごしたこともあります。旅をすると、いろいろ憧れが湧きますよね。パリは大人がかっこいいですし。

プライベートでもよく旅行はされるんですね。

大好きで、年に何回も行きます。雪がもう大大大好きで、この間も家族で(新潟の)南魚沼に行ってきました。国境の長いトンネルを抜けたら雪が深くなっていて、本当に川端康成の『雪国』の世界だ! と思いました。

旅先はどのように決めていますか?

気分かな(笑)? 冬だったら雪が見たいと思うし、夏だと思いっきり夏を感じたいと思うので、そういう場所を選んだり。あとは、自分に何か物足りないなと思ったら、ヨーロッパの文化に触れに行きたいと思ったりする時もあります。今は子育て中なので、ふらっとは行けないんですけどね。

では最後に、戸田さんなりの旅を楽しむポイントを教えてください。

旅行者として訪れるだけじゃなくて、息遣いやいろんな息吹を感じたいと思います。商店街に行ってみたり、勇気を出して地元の方が多いお店に入ってみたり。その方が、方言が聞けたり、土地の文化に深く触れられるので、新鮮な感動がありますね!

戸田菜穂さんが旅に行きたくなる映画

『男と女』

『男と女』

Blu-ray5,280円/DVD4,290円 発売中
発売元:ドマ、ハピネット 販売元:ハピネット

フランスの名匠クロード・ルルーシュ監督が、1966年に製作した恋愛映画の金字塔。辛い過去を抱えながらも、運命の出会いによって惹かれ合う男女の姿を描く。アカデミー賞外国語映画賞、カンヌ映画祭グランプリ受賞。「ダバダバダ♪」でおなじみのテーマ曲は、誰もが一度は耳にしたことがあるはず。2019年に、同スタッフ&キャストが再集結し、53年後を舞台にした続編『男と女 人生最良の日々』が製作され話題を呼んだ。
INFORMATION
『高津川』©2019「高津川」製作委員会

『高津川』

島根県を流れる清流「高津川」を舞台に、人口流出の問題や、文化や技術の存続・伝承の危機といった、地方の現実の中で懸命に生きる人々を描いたヒューマンドラマ。牧場を経営している学(甲本雅裕)は、高校生の息子・竜也(石川雷蔵)が地元の誇りである「石見神楽」の舞いの稽古をさぼってばかりいることや、進路のことを危惧する毎日。そんな中、母校である小学校が閉校になる知らせや、高津川上流にリゾート開発の話が持ち上がり、老舗の和菓子屋を継いだ陽子(戸田菜穂)や東京で弁護士をしている誠(田口浩正)ら同級生たちが集まって相談することに。

原作・脚本・監督:錦織良成
出演:甲本雅裕、戸田菜穂、大野いと、田口浩正、高橋長英、奈良岡朋子ほか
2020年4月3日(金)より全国公開
配給:ギグリーボックス

Profile
戸田菜穂
戸田菜穂Naho Toda

1974年3月13日生まれ、広島県出身。第15回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリを受賞しデビュー。1993年にNHK連続テレビ小説「ええにょぼ」で主演を務め、以降テレビや映画などで活躍。近年の主な出演作として、テレビドラマではNHK大河ドラマ「西郷どん」(2018年)、「アンナチュラル」(TBS/2018年)、「高嶺の花」(日本テレビ/2018年)、「不惑のスクラム」(NHK/2018年・2019年)、映画では「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女」(2017年)や「旅猫リポート」(2018年)、「記憶屋 あなたを忘れない」(2020年)などがある。

あの人の旅カルチャー

今月のテーマ「春」 「春」をテーマに本と映画の“目利き”が作品をセレクト。
綺麗な桜はもちろん、別れと新たな出会いを描いた作品たちです。

Book

  • 『島はぼくらと』

    『島はぼくらと』
    春は卒業の季節。物語の舞台は瀬戸内海で、来年には島を離れ、就職や大学生活をする高校生四人が主人公です。本土の高校へのフェリー通学や、この年齢で「家はどうなる」を考えねばならない窮屈さ。そんな中でのそれぞれの夢、そして島に来た観光客や移住者たちの思惑とは。四人に降りかかった謎の解き明かしは修学旅行先の東京で! ミステリ作家・辻村深月さんらしいフレッシュな作品です。
    辻村深月/著
    770円/講談社文庫
  • 『うどん手帖
    死ぬまでに一度は食べたい!!
    全国の名店50+α

    『うどん手帖 死ぬまでに一度は食べたい!!全国の名店50+α』
    春は進学や異動、引っ越しなど環境に変化があり、意外と体調を崩しやすい時期。旅をするならお腹にやさしい「うどんの食べ歩き」などいかがでしょう? 本書は地域別に名店を紹介。札幌・うどん亭の巨大な土瓶で出て来る鍋焼きうどんから、著者が「自分史上最高のとろろうどん!」と絶賛の博多・えびすやうどんまで、見ているだけでココロと体があたたまり、足取り軽く行ってみたくなる50軒+α!
    井上こん/著
    1,121円/standards
  • 『SAKURA
    The Japanese Soul Flower』

    『SAKURA The Japanese Soul Flower』
    今やお花見目当てで来日する方も多いですが、本書はオールカラーで英文付きなので、海外の方への贈り物にも最適です。撮影は京都を中心に40年以上にわたり、桜を追い続けてきた水野克比古さんと秀比古さん。どれも息を呑む美しさにあふれ、平安神宮の木立から岡崎疎水の夜桜まで、この花が「日本人の心」と呼ばれている理由が鳥肌もので伝わってきます。眺めの中に立ちたくなる一冊。
    水野克比古、水野秀比古/著
    3,080円/IBCパブリッシング
間室道子さん 代官山 蔦屋書店

代官山 蔦屋書店に勤める文学担当のコンシェルジュ。雑誌「婦人画報」の連載を持つなど、さまざまなメディアでオススメの本を紹介するカリスマ書店員。文庫解説も手掛け、書評家としても活躍中。

Movie

  • 『SAYURI』

    『SAYURI』
    置屋の並ぶ祇園らしき街並み、五重塔と思しき建物、情緒あふれる景観にはらりと舞い散る桜。スピルバーグ製作のもと、ハリウッドが“御伽の国ニッポン”をイメージして作り上げた世界は、現実よりも豪華絢爛。極彩色にあふれ、アーティスティックで惚れ惚れ! のちに花街伝説の芸者となるサユリが運命に翻弄されながら激動の時代を生き抜いていく力強さ。チャン・ツィイーとコン・リーの二人の美人遊女のバトルも痺れます。
    Blu-ray3,080円 発売中
    発売元・販売元:松竹
  • 『秒速5センチメートル』

    『秒速5センチメートル』
    新海誠美学の原点といえばこの映画。「秒速5センチメートルは、桜の花が舞い落ちるスピード」。劇中に登場するこの台詞を初めて聞いた時は衝撃が走りました。これ“エモい”の先駆け的表現ですよね! 3部構成で時系列順に主人公の男子、彼に想いを寄せる女子、大人になった主人公と複数視点で展開。1つの恋模様も誰の瞳で見るかで変わる。そんな事実にハッとします。ロケ地の世田谷を歩けば今も変わらない景色が。桜の時期にどうぞ。
    Blu-ray6,050円/DVD4,180円 発売中
    発売元・販売元:コミックス・ウェーブ・フィルム
  • 『時をかける少女』

    『時をかける少女』
    約50年に渡り何度も映像化されてきた、筒井康隆原作のSF要素を含んだ不朽の名作青春小説『時をかける少女』を、新たな視点で映画化した作品。ラストの圧巻の桜並木、ロケ地である福島県郡山市の開成山公園は、園内に約1300本の桜が咲き誇る名所。主演の仲里依紗さんと中尾明慶さんの切ない恋を彩る桜景色は、ノスタルジーを最大限に掻き立てます。気付けばあたたかい涙が……!
    Blu-ray5,280円/DVD通常版4,180円 発売中
    発売元:アニプレックス、販売元: ソニー・ミュージックディストリビューション
東 紗友美さん 映画ソムリエ

映画ソムリエとして、テレビ・ラジオ番組での映画解説や、映画コラムの執筆、映画イベントのMCなど幅広く活躍。映画ロケ地巡りも好き。日経電子版で「映画ソムリエ 東紗友美の学び舎映画館」を連載中。

※価格はすべて税込みです