九州の絶景を見るならここ! 旅色コンシェルジュ・甲斐がおすすめするドライブスポット7選

全国

2022.06.30

LINEでシェア
はてなでシェア
九州の絶景を見るならここ! 旅色コンシェルジュ・甲斐がおすすめするドライブスポット7選

ご要望に合わせた旅行プランを無料で提案するサービス「旅色コンシェルジュ」の甲斐です。九州の自然を満喫するプランなら、大分県出身の私にお任せください! 今回は、海と山に囲まれた九州の絶景が広がるドライブスポットを7つご紹介します。合わせて行きたい道の駅やグルメスポットも、ぜひ参考にしてみてください。

目次

閉じる

九州には自然の絶景スポットがたくさん!

【1】熊本県・阿蘇/天然の展望台「大観峰」

【2】宮崎県・日南/まるでイースター島! 「サンメッセ日南」

【3】大分県~熊本県/遊歩道を散策が気持ちいい「長者原(ちょうじゃばる)」

【4】福岡県・糸島/夕日が美しい「桜井二見ヶ浦 夫婦岩」

【5】長崎県・雲仙/異世界の気分が味わえる「雲仙地獄」

【6】鹿児島県・桜島/観光客が立ち入ることができる最高地点「湯之平展望所」

【7】鹿児島県・指宿/薩摩半島の最南端に突き出た岬「長崎鼻」

著者プロフィール

おわりに

九州には自然の絶景スポットがたくさん!

九州には、ドライブが楽しい絶景スポットがたくさんあります。2022年5月、「旅色コンシェルジュ」宛てにいただいたお問い合わせの中でも1番人気のエリアが九州でした。さらに、ご希望の泊数で最も多いのは、2泊3日や3泊4日の九州周遊プラン!
周遊プランは車移動が便利で、「福岡→長崎→熊本」「熊本→宮崎→鹿児島」など、1回の旅で各県の魅力に触れられるのが大きなメリットです。お客様からは「九州に行くのが初めてで、効率のいい周り方を教えて欲しい」「自然を満喫したい」というお声が多く寄せられます。このように効率よく自然を満喫したい方は、以下のスポットを参考にドライブ旅行計画を立てるのがおすすめです!

【1】熊本県・阿蘇/天然の展望台「大観峰」

大観峰

草千里ヶ浜

阿蘇中岳火口

牧場が多いことが由来の道路「阿蘇ミルクロード」は、かぶと岩展望所、西湯浦園地展望台、阿蘇スカイライン展望所などの絶景スポットが点在しています。なかでも1番のおすすめは、阿蘇北外輪山の最高峰に位置する天然の展望台「大観峰」です。ここから眺める阿蘇五岳はお釈迦様の寝姿に見えることから「阿蘇涅槃像」と呼ばれ、視界を遮るものがないため、国内ではなかなかお目にかかれない風景と絶賛されています。

道の駅 阿蘇外観

お弁当コーナー

絶景と併せて巡りたいのが休憩スポット。「大観峰 展望所」から車で約20分の距離にある「道の駅 阿蘇」は熊本のお土産をはじめ、高菜のおにぎりや手作り弁当、熊本の郷土菓子・いきなり団子などのお惣菜が勢ぞろい。道の駅内には、買ったお弁当やお惣菜がすぐに食べられるようにお座敷もあります。お土産選びや、腹ごしらえにピッタリですよ!

※阿蘇山付近は活火山のため、火山ガスや天候により火口周辺に立ち寄れないことがあります。当日の噴火警戒レベルを確認し、規制がかかっているかなど調べた上で火口付近を訪れるのがおすすめです

◆大観峰
住所:熊本県阿蘇市山田
電話番号:0967-34-1600(阿蘇インフォメーションセンター)

◆道の駅 阿蘇
住所:熊本県阿蘇市黒川1440-1
電話番号:0967-35-5088
営業時間:9:00~18:00 ※営業時間は変わる可能性があります
定休日:無休

【2】宮崎県・日南/まるでイースター島! 「サンメッセ日南」

サンメッセ日南

鵜戸神宮

太平洋に面した日南市は、海岸線沿いに国道が通っており、南国ムードが満点。海を見下ろす石段を降りた先に洞窟が広がる「鵜戸神宮」をはじめ、海を見ながら観光できるスポットが点在します。注目は、国内にいながらイースター島に来たような気分が味わえる人気スポット「サンメッセ日南」。最大の見どころは世界で唯一、イースター島の長老会から許可を得て完全復刻した7体のモアイ像!
モアイ像にはそれぞれご利益があるそうで、海に向かって左側から「仕事運」「健康運」「恋愛運」「全体運(夢が叶う)」「結婚運」「金運」「学力運」のパワーを持つといわれています。自分がほしいと思うパワーを持ったモアイ像に触ると、運気が上がるとか。その他にも見どころがたくさんあるので、敷地内をゆっくりと巡りましょう。

青島神社

青島神社

サンメッセ日南から車で約25分の距離には、亜熱帯植物に囲まれた小島「青島」があります。国の天然記念物「鬼の洗濯板」を横目に見ながら、島の中央に鎮座する神社「青島神社」は、海に浮かぶ珍しい神社。橋を渡ってアクセスできる神秘的な神社は、恋愛のパワースポットとして大人気なので女子旅にもピッタリです。

道の駅 フェニックス

太平洋の絶景

道の駅 フェニックス 外観

また、周辺で人気のドライブルート、日南フェニックスロード沿いの道の駅「道の駅 フェニックス」は、太平洋を見渡せる絶景スポット。お土産物の購入はもちろん、海が一望できるレストランも併設されているので、ドライブの休憩がてら立ち寄ってみてください。

◆サンメッセ日南
住所:宮崎県日南市大字宮浦2650
電話番号:0987-29-1900
営業時間:9:30~17:00
定休日:水曜日 ※年末年始、GW、お盆、祝祭日は通常通り営業
料金:<入園料>(一般)大人:800円、中・高校生:500円、4歳以上350円

◆道の駅 フェニックス
住所:宮崎県宮崎市内海381-1
電話番号:0985-65-2773
営業時間:<物産館>9:00~17:00 ※短縮営業中
定休日:無休

【3】大分県~熊本県/遊歩道を散策が気持ちいい「長者原(ちょうじゃばる)」

タデ原湿原

タデ原湿原

大分県由布院~熊本県南小国町を結ぶ、約1時間のドライブコース「やまなみハイウェイ」。雄大なくじゅう連山の絶景をはじめ、飯田高原、瀬の本高原などの大自然に囲まれ、全国に誇る絶景の道路を紹介する「日本百名道」にも選ばれているんです。
こちらのドライブコースで立ち寄ってほしいスポットが「長者原」。「長者原ビジターセンター」では、阿蘇くじゅう国立公園くじゅう地域を紹介する博物展示施設をはじめ、センターのすぐ裏手には、ラムサール条約登録湿地「タデ原湿原」が広がり、遊歩道を散策することもできます。広大な自然を満喫して、気分転換するのも良いですね。

レストハウスやまなみ 外観

やまなみショップ

きすみれロール

長者原には「レストハウスやまなみ」も併設。こちらでは、くじゅう連山の景色を眺めながらの食事が楽しめるほか、地元産の材料を使った洋菓子がいただけるカフェやお土産ショップが含まれています。周辺の散策ついでに立ち寄るのがおすすめです。

くじゅう花公園

くじゅう花公園

さらに、長者原から車で約30分の距離にある、久住高原の丘に広がる九州最大級のフラワーパーク「くじゅう花公園」は、誰もが名カメラマンになれるフォトジェニックなスポット! 春はネモフィラやチューリップ、夏はラベンダーやヒマワリ、秋はサルビアやコスモスなど、年間500種、500万本の花々が鑑賞できる美しいスポットです。


◆長者原
住所:大分県玖珠郡九重町大字田野255-33
電話番号:0973-79-2154(長者原ビジターセンター)

◆レストハウスやまなみ
住所:大分県玖珠郡九重町大字田野260-2
電話番号:0973-79-2345
営業時間:<4月~11月>9:00~17:00(繁忙時は時間延長) <12月~3月>9:30~16:00
定休日:火曜日(天候・道路状況等により臨時休業する場合がございます)

【4】福岡県・糸島/夕日が美しい「桜井二見ヶ浦 夫婦岩」

桜井二見ヶ浦 夫婦岩

桜井二見ヶ浦 夫婦岩(夕方)

福岡市から車で30分程で行ける糸島市は、若い世代に人気のフォトジェニックなスポット。偶然、同じ向きに傾いた2本のヤシの木を利用して作られた「ヤシの木ブランコ」や、砂浜にある壁に描かれたカラフルな虹色の羽「天使の羽」、実際にイギリスで走っていた2階建てのロンドンバスを改装して作られたカフェ「ロンドンバスカフェ」など、写真を撮りたくなるスポットが満載!
そして、糸島を訪れるならサンセットの時間をぜひ楽しんでください。日本海側からならどこでもサンセットを見られますが、「桜井二見ヶ浦 夫婦岩」から見る夕日は格別です。大小2つの巨大な岩は「夫婦岩」と呼ばれ、糸島定番の夕日スポット。縁結びや夫婦円満のシンボルとも呼ばれているので、カップル旅行で訪れるのもいいですね。

Beach Cafe SUNSET 外観

ドリンク

ジンジャーココナッツ-ポークカレー

ピザ

スイーツ

バーベキュー小屋

二見ヶ浦の海沿いにある「Beach Cafe SUNSET」は店名の通り、カフェの店内やテラス席からでも美しい夕日が望められるカフェなんです。もちろん夕日の時間でなくても、空と海の絶景を眺められるので、日中に訪れてゆったりと夕日を待ってみるのもいいかも。優雅な時の流れを感じてみましょう。


◆桜井二見ヶ浦 夫婦岩
住所:福岡県糸島市志摩桜井4433-1~3
電話番号:092-322-2098(糸島市観光協会)

◆Beach Cafe SUNSET
住所:福岡県福岡市西区西浦284
電話番号:092-809-2937
営業時間:11:00~21:00(LO20:00)
定休日:木曜日、第三水曜日

【5】長崎県・雲仙/異世界の気分が味わえる「雲仙地獄」

雲仙地獄

雲仙地獄

長崎空港から約50分の距離にある、自然豊かな観光地・雲仙。雲仙仁田峠から妙見岳山頂近くまでを運行する「雲仙ロープウェイ」をはじめ、雄大な山々の景色を楽しめます。有名な「雲仙地獄」は至る所から高温の温泉と噴気が激しく噴出し強い硫黄臭が漂う、大地のパワーを感じられるスポット。一帯に湯けむりがもうもうと立つ様子は、まさに地獄の風景そのものです。
お糸の処刑とともに吹き出したと伝えられる「お糸地獄」や、100度近い熱泉と水蒸気が湧く「大叫喚地獄(だいきょうかんじごく)」など約30の地獄が点在。まるで異世界に来たような気分が味わえます。幻想的な景色を見たい人におすすめです。

温泉たまご

雲仙地獄足蒸し

雲仙地獄工房

雲仙地獄内にある「雲仙地獄工房」では、雲仙地獄で蒸した出来立て熱々の温泉たまごが味わえます。この温泉たまごは「1個食べたら1年長生き。2個食べたら2年長生き。3個食べたら死ぬまで長生き」という口伝が残っています。ぜひ、味わってみましょう。


◆雲仙地獄
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙
電話番号:0957-73-3434(雲仙温泉観光協会)

◆雲仙地獄工房
住所:長崎県雲仙市小浜町 雲仙地獄茶屋内
電話番号:0957-73-3434(雲仙温泉観光協会)
営業時間:<4月~10月>9:00~18:00、 <11月~3月>9:00~17:00
定休日:無休

【6】鹿児島県・桜島/観光客が立ち入ることができる最高地点「湯之平展望所」

桜島

黒神埋没鳥居

鹿児島県のシンボル、桜島・御岳(おんたけ)は、今も噴煙を上げ灰を降らせている世界的に珍しい火山。初めて訪れる方は、「桜島ビジターセンター」で、噴火にまつわる記録や歴史を学んでみましょう。ほかにも、桜島山と錦江湾を一望できる「烏島展望所」や、一般観光客が入ることができる最高地点の絶景スポット「湯之平展望所」など、自然を感じられるスポットはたくさん。
桜島の噴火後、たった1日で火山灰に埋め尽くされたという「腹五社神社」の鳥居「黒神埋没鳥居」は、元は3mの高さがあったそう。“後世に噴火の記憶を残そう”ということで、噴火直後の姿がそのまま残されているので、その迫力を感じてみましょう。

外観

2階展望レストラン

1階売店

雄大な桜島を一望

桜島港から車約5分の距離にある「旅の駅桜島 桜島物産館」はお土産選びや、ランチに便利なスポットです。併設するレストランには、焼酎で煮込んだ「とんこつ」の入った「マグマラーメン」や「マグマカレー」といった桜島にちなんだネーミングのメニューがあり、人気ですよ。鹿児島らしい食事をどうぞ!


◆桜島ビジターセンター
住所:鹿児島市桜島横山町1722-29
電話番号:099-293-2443
営業時間:9:00〜17:00
定休日:無休

◆旅の駅桜島 桜島物産館
住所:鹿児島県鹿児島市桜島赤水町1427
電話番号:099-293-3558
営業時間:9:00〜16:00
定休日:無休

【7】鹿児島県・指宿/薩摩半島の最南端に突き出た岬「長崎鼻」

長崎鼻

JR日本最南端の駅・西大山駅

池田湖

鹿児島県薩摩半島最南端に位置する指宿市は、「砂むし風呂」が有名ですよね。温泉のほかにも、湖畔に四季折々の花々が咲く、ドライブや散策にピッタリの「池田湖」や、のどかな田園風景が広がり、線路の延長上に開聞岳を望むというフォトジェニックなロケーションにある「JR日本最南端の駅・西大山駅」など、自然が大満喫できるエリアです。
なかでも、ぜひ訪れてほしいスポットが、薩摩半島の最南端に突き出た岬「長崎鼻」。 浦島太郎が竜宮城へ旅立った岬と伝わる「竜宮鼻」の別名を持ち、乙姫様を祀った龍宮神社も近くにあるので、時間があればこちらにも立ち寄ってみましょう。

知林ヶ島

知林ヶ島

鹿児島湾(錦江湾)に浮かぶ美しい無人島「知林ヶ島」は、3月から10月にかけての大潮または中潮の干潮時には、長さ約800mの砂の道(砂州)が出現し、知林ヶ島に歩いて渡ることができるんです。時期が合えば、干潮の時間に合わせて訪れるのがおすすめです!

指宿市営唐船峡そうめん流し

指宿市営唐船峡そうめん流し

昼食は、回転式流しそうめんの発祥の地「指宿市営唐船峡そうめん流し」でどうぞ。「平成の名水百選」に認定された名水で冷やした流しそうめんをいただきましょう。

◆長崎鼻
住所:鹿児島県指宿市山川岡児ヶ水
電話番号:0993-22-2111(指宿市役所観光課)

◆指宿市営唐船峡そうめん流し
住所:鹿児島県指宿市開聞十町5967
電話番号:0993-32-2143
営業時間:<4月~10月>10:00~15:30(LO15:00)、<11月~3月>11:00~15:30(LO15:00)、<4月29日~5月8日・9月>10:00~17:30(LO17:00)※<7月21日~8月31日土・日・祝日>10:00~20:00 (LO19:30)、<1月1日~1月4日 土・日・祝日>10:00~15:30(LO15:00)
定休日:無休

著者プロフィール

大分県育ちで、九州を含め西日本を中心とした旅行プランの作成が得意。最近はドライブや自然を満喫する旅にハマっています!

おわりに

迫力満点の山々や雄大な草原など、ドライブにピッタリな自然の絶景を7つご紹介しました。2県以上の周遊も楽しいエリアなので、次の連休の旅先候補にしてみてください。今回ご紹介したスポット以外にも、九州にはおすすめの場所がたくさん! 以下のおすすめプランから、ぜひチェックしてくださいね。

旅色コンシェルジュ・甲斐がご紹介する旅行プラン

Related Tag

#九州 #旅色の旅行プラン #絶景 #旅行 #ドライブ #国内旅行 #シルバーウィーク

Author

TABIIRO

旅色編集部

編集部おすすめの記事や、注目のインタビュー、旅色に関するニュースなどを発信しています。メンバー限定で参加できるファンコミュニティ(likes.tabiiro.jp)の活動報告や、イベント情報も! ▽注目のコンテンツ ・読めばきっと旅気分「月刊旅色」 ・ローカルにフォーカスする「FO-CAL」 ・おいしいが見つかる「旅色おとりよせグルメ」「旅色おとりよせグルメ」 ・宿のとっておきのモノだけを紹介「旅色の宿マルシェ」

Articles

長濱ねるさんが絶景のブランコへ! 大分県佐伯市の旅|月刊旅色2022年10月号

高知県四万十市を巡る「旅色FO-CAL四万十旅特集」が公開

矢田亜希子さんが、“おいしい”を巡るグルメ旅「旅色FO-CAL春日市特集」が公開

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

大分県

2022.09.27

「月刊旅色10月号」より長濱ねるさんのオフショットを公開! 

ホソブチ

編集部

  • NEW

全国

2022.09.27

長濱ねるさんのコーデを解説! &スタイリストが実践する旅ファッションの心得とは?

ホソブチ

編集部

  • NEW

全国

2022.09.27

【鈴木ちなみのお取り寄せ旅】秋の味覚・栗きんとん~岐阜の紅葉スポットを添えて~

鈴木ちなみ

お取り寄せ旅

  • NEW

全国

2022.09.26

長濱ねるさんの旅アイテム2選&旅先のファッションとメイクについて【連載vol.7】

ホソブチ

編集部

  • NEW

大分県

2022.09.26

長濱ねるさんが絶景のブランコへ! 大分県佐伯市の旅|月刊旅色2022年10月号

旅色編集部

TABIIRO

  • NEW

愛媛県

2022.09.23

カラっと爽やかな西予市民が、それでも落ち込んだときに行くパワースポット[愛媛県西予市]

ホソブチ

編集部

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

編集部

ホソブチ

お取り寄せ旅お取り寄せ旅

鈴木ちなみ

TABIIRO

旅色編集部

鉄道旅鉄道旅

なお

ホテル評論家

瀧澤信秋

親子旅親子旅

青木裕子

九州&着物旅九州&着物旅

かっきー

ビール旅ビール旅

古賀麻里沙