スイーツの領域展開! 代々木公園にあるパンとケーキの店「ホルン」で異世界に包まれる

東京都

2022.06.21

LINEでシェア
はてなでシェア
スイーツの領域展開! 代々木公園にあるパンとケーキの店「ホルン」で異世界に包まれる

近頃、有難いことにお仕事が立て込んでいて、下手くそなランニングフォームでがむしゃらに走り抜けている日々。そんなわたしは繁忙に比例して、甘いものに救われる機会が多くなっているのだが……最近、気づいてしまったことがある。

目次

閉じる

本日の旅の行き先はパンとケーキの店「ホルン」

うっとりするほど異質な空間が広がる店内

本日のスイーツ①「いちごのショートケーキ」

本日のスイーツ②「ミルフィーユ」

まさにスイーツの領域展開。恐れ入りました

仕事終わりにスーパーを徘徊して、今夜のご褒美をニヤニヤと物色するのがルーティンなのだが、近頃のドラフト会議を勝ち抜くのは、“カカオ70%”などが品よくラベリングされているパッケージのお菓子。いわゆる大人の甘さと言うやつ。もうティーンの頃のように、新作が出る度にフラペチーノをご機嫌に吸っていたあの頃とは、身体が素直に欲しがるものが変わってきたようだ。

本日の旅の行き先はパンとケーキの店「ホルン」

気づいたら、大人になってしまっていたわたしが(今年30歳を迎えるので、大人じゃないと大変困るのですが)、本日憩いの場として訪れたのは、代々木公園に店を構える「ホルン」。

衣食住に寄り添うことがテーマだそう。「ホルン」のパン、焼き菓子、ケーキ達は、毎日でも食べられる! とグルメな友人からのお墨付き。

その上品な甘味は、ちびっこから大人まで幅広いファン層に愛される場所だ。

うっとりするほど異質な空間が広がる店内

イートインスペースは、地下にある。階段を降りると、あら不思議。まるでお城の秘密部屋に迷い込んだような、クラシックで異世界な空間が広がるのだ。日常から非日常への最高の領域展開……あぁ、好きです。

日々の焦燥とは断絶された空間で味わうのは、愛しくて可愛いスイーツ達。こんな贅沢、いいのかしら?

本日のスイーツ①「いちごのショートケーキ」

いちごのショートケーキ(650円)

いちごのショートケーキ(650円)

ぷっくり愛しい苺が君臨するショートケーキ。取材の時期は旬で輝く苺さまがメインに。ショートケーキのフロントマンは季節の移ろいによってフルーツの顔ぶれは変わるそう。苺の甘酸っぱさを優しく包む生クリームと、ほわほわのスポンジ。口の中で柔らかく溶けて、弾けて、じんわりと幸せに満たされる。

何故か幼い頃、近所の憧れのお姉さんにハグされた時の事を思い出した。柔らかくて、髪の毛からシャンプーの良い香りが漂って、はにかんでしまったあの時。優しい甘さは上品に、ノスタルジーの記憶を引き出す(謎角度のエモさですみません)。

幸せな心地を反芻していたら、気づいた時にはその形跡はあっという間にお皿の上から消えてしまっていた。寂しくなるほど、フォークを運ぶ速度が落ちなかった。飽きないって最高のスパイスだ。一生添い遂げられる。

本日のスイーツ②「ミルフィーユ」

ミルフィーユ(550円)

ミルフィーユ(550円)

まだまだ貪欲な味覚は、この断層から愛しいミルフィーユを捉えたい。

さくり。

ザクッでもなく、サクッでもなく、この擬音語が文体ではぴったりではなかろうか。少し厚手のミルフィーユのパイ生地が崩れる瞬間、音から優しさが溢れてくる。咀嚼の度に、ほろほろと心地よく生地が崩れる楽しさと、噛み締める度に滲み出る仄かな甘みとバターの香り。生クリームとカスタードが溶け合ったディプロマットクリームの上品な濃厚さに「うふふ」と笑みが溢れてしまって、ちょっと恥ずかしい。

ダージリン(550円)

ダージリン(550円)

余韻に浸りながら、紅茶を啜るも束の間、また直ぐにフォークを握ってしまうのは「ホルン」のスイーツ達の罪なところ。すぐに口恋しくなるのは、絶妙な甘さのせい。存在感は申し分ないのに、甘さが前に出過ぎない。

謙虚で素直な美少女を愛でている気持ちである。いや、わたし何者?(笑)

まさにスイーツの領域展開。恐れ入りました

旬によって柔軟に顔ぶれが変わるホルンのスイーツ達。季節が巡る度に、訪れたくなってしまうよ。お口から、こんなに優しくて幸せな旬を堪能できるなんて、贅沢すぎるよね。胃の衰弱化を杞憂していた私に、最高の朗報が届いた食体験。日々に寄り添う甘さは、毎日が少し幸せになる賢さと幸せを届けてくれる。また近々、すぐにでもそれに浸りたい。


◆ホルン
住所:東京都渋谷区上原1丁目2-1
電話:03-6804-8265
営業時間:10:00〜19:00、イートイン10:00〜17:30(LO17:00)
定休日:月曜日

Related Tag

#旅 #スイーツ #旅色 #ケーキ #旅色アンバサダー #スイーツ旅 #代々木公園

Author

Ambassador

スイーツ旅スイーツ旅

村田倫子

ファッション雑誌をはじめ、WEBメディア・ラジオ・広告・ファッションショーへの出演など幅広く活動をするモデル。趣味であるカレー屋巡りのWEB連載「カレーときどき村田倫子」や食べログマガジン連載「呑み屋パトロール」では自らコラムの執筆も行ない、ファッションだけにとどまらず、その文才やライフスタイルも注目を集めている。また、商品コラボレーションも積極的に行なっており、そのセンスを活かして人気商品を多数プロデュース。 5月からは自身のブランド「idem」を立ち上げた。

Articles

大人の隠れ家、見つけた。表参道にあるカフェ「allée(アレ)」で上質な時間

お腹も心も大満足。枠にとらわれない美しい祐天寺のタルト

“好き”と“好き”に挟まれた「ヘイガンオーガニックコーヒー」のフルーツサンド

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

愛媛県

2022.09.23

カラっと爽やかな西予市民が、それでも落ち込んだときに行くパワースポット[愛媛県西予市]

ホソブチ

編集部

  • NEW

高知県

2022.09.21

高知県四万十市を巡る「旅色FO-CAL四万十旅特集」が公開

旅色編集部

TABIIRO

  • NEW

福岡県

2022.09.21

矢田亜希子さんが、“おいしい”を巡るグルメ旅「旅色FO-CAL春日市特集」が公開

旅色編集部

TABIIRO

  • NEW

全国

2022.09.21

しまむら×旅色×インフルエンサー・MARIEさんコラボの旅アイテムが登場!

旅色編集部

TABIIRO

  • NEW

岐阜県

2022.09.20

新型ハイブリッド特急で行く岐阜・飛騨高山の旅

なお

鉄道旅

全国

2022.09.18

朝食がすごいシティホテル3選/ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.4

瀧澤信秋

ホテル評論家

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

編集部

ホソブチ

TABIIRO

旅色編集部

鉄道旅鉄道旅

なお

ホテル評論家

瀧澤信秋

親子旅親子旅

青木裕子

九州&着物旅九州&着物旅

かっきー

ビール旅ビール旅

古賀麻里沙

映え旅映え旅

芳美リン