【苫小牧から車で1時間】日帰りで名産を楽しめるドライブスポット7選

【苫小牧から車で1時間】日帰りで名産を楽しめるドライブスポット7選

観光・カルチャー

2024/02/06更新

苫小牧(とまこまい)は、海の玄関「苫小牧港」があり、北海道の南北をつなぐ高速道路の北海道縦貫自動車道が通る、交通網と産業の拠点として活気のある街です。市内屈指の観光地であるウトナイ湖は、ラムサール条約に指定されている渡り鳥の中継地として知られています。発展している街でありながら、樽前山(たるまえさん)や七条大滝(ななじょうおおたき)など豊かな自然に囲まれているのも魅力。本記事では苫小牧から1時間台のドライブで到着する観光スポットを紹介します。動物と触れ合える農場や、その土地ならではのグルメが楽しめるスポットをピックアップしているので、ドライブの参考にしてみてください。

千歳・日高

千歳(ちとせ)・日高エリアは、苫小牧市より30分ほどのドライブで到着します。北海道の中南部に位置するエリアです。千歳エリアには、空の玄関口である新千歳空港があり、カルデラ湖の支笏湖(しこつこ)周辺には美笛の滝や苔の洞門などの自然美の景勝地も点在。日高エリアは、全国でも有数の馬の産地として知られています。また夏には日高国際スキー場のゲレンデから花火を打ち上げる、ひだか樹魂まつりを開催。

【千歳・日高】北海道箱根牧場

牛に直接触れられる乳搾り体験が人気

牧場内には、間近で小動物とふれあえるスペースがあります。珍しい乗牛体験などもできるので、動物好きのご家族やカップルにおすすめしたいドライブスポットです。また、バターやチーズなどの手作り体験も実施しています。北海道ならでは「おいしい」を肌で感じて味わえる貴重な経験! お子さんも大喜びしそうですね。

【千歳・日高】道の駅 花ロードえにわ

えびすかぼちゃのパンやソフトクリームをどうぞ

恵庭(えにわ)の名産を味わえる道の駅。駅内では、恵庭特産の「えびすかぼちゃ」を使ったかぼちゃプリンパンなど約60種類のパンを販売しています。フードコーナーには、恵庭産のそば粉と静岡県藤枝市の抹茶を使った茶そば、えびすかぼちゃのソフトクリームなどもあります。おいしい人気グルメを味わいながら、旅の話にも花が咲きそう!

「千歳・日高」のおすすめスポットをもっと見る 

洞爺湖・登別・室蘭・白老

洞爺湖(とうやこ)・登別(のぼりべつ)・室蘭・白老(しらおい)エリアは、苫小牧市より30分から1時間強のドライブで到着します。北海道の南西部に位置するエリアです。エリア全体に登別温泉や洞爺湖温泉など、有名な温泉が点在。また白老エリアには、アイヌの歴史や文化を学べるナショナルセンターがあります。室蘭は北海道屈指の工業都市で、ライトアップされた工場夜景は町の名物となっています。

【洞爺湖・登別・室蘭・白老】支笏洞爺国立公園 サイロ展望台

洞爺湖と島々を一望できる特等席のよう

支笏洞爺国立公園の中にあり、苫小牧からドライブで訪れやすい絶景スポットです。春は花が咲き誇り、冬は一面の白銀世界に。季節ごとに表情の変わる景勝地に、心を癒やされることでしょう。施設内のレストランでは、大パノラマを目に焼き付けながら、「ステーキジンギスカン丼」を味わえます。お土産コーナーには、北海道の銘菓やサイロ展望台オリジナル商品が多数。旅のお土産は、1番人気の「雪華馬油(美容クリーム)」を選んでみては?

「洞爺湖・登別・室蘭・白老」のおすすめスポットをもっと見る

小樽

小樽(おたる)エリアは、苫小牧市より1時間半のドライブで到着します。北海道の中部の道央地方に位置し、日本海の石狩湾に面するエリアです。海産物の宝庫として有名で、甘エビ、ウニ、シャコなどのお寿司や珍味が数えきれないほどたくさんありますよ。また小樽運河や北のウォール街などは街並みを鑑賞する観光スポットです。7月には「おたる潮(うしお)まつり」が開催。華麗な踊りの「潮ねりこみ」や「神輿パレード」は必見です。

【小樽】三角市場

テレビCMにも登場する小樽の老舗市場

テレビCMにも登場する名物市場。場所がら観光客向けの印象ですが、地元の方も訪れているのだそう。小樽の海で獲れた魚介や地元野菜、生鮮食料品が所せましと並ぶ老舗市場の活気を、実際に訪れて体感してみたいものです。地方配送も可能なので、新鮮な北海道グルメを自宅へ配送、またはお土産にしてもいいですね

【小樽】ニトリ観光果樹園(旧 山本観光果樹園)

もぎたてフルーツを贅沢に味わえる

日本でのリンゴ、サクランボの発祥の地といわれている余市町(よいちちょう)にある果樹園です。初夏はサクランボ、夏は桃、プルーン、プラム、秋は梨、秋・冬はリンゴと、4月から11月までに季節ごとのフルーツ狩りが楽しめます。フルーツ狩りの後は、売店やレストランが入ったセンターハウスで、ジンギスカン(要予約)やソフトクリームが食べられます。ジャムなどの加工品も販売されており、アップルパイが人気とのこと。少人数から大人数まで対応できるので、複数の家族で賑やかにフルーツ狩りを楽しんではいかがでしょう。

「小樽」のおすすめスポットをもっと見る

札幌

札幌エリアは、苫小牧市より1時間前後のドライブで到着します。北海道の中西部よりの道央地方に位置するエリアです。「さっぽろテレビ塔」は、市の中心部からパノラマ風景が望めます。市街を少し離れると雄大な大自然が広がっており、都市と自然が調和されたところです。また季節の移り変わりを楽しむイベント「さっぽろ夏まつり」や「さっぽろ雪まつり」などは全国的にも有名。締めパフェ、ラーメンなど札幌ならではのグルメ文化も魅力のひとつです。

【札幌】白い恋人パーク 白い恋人工場見学

見て、味わって、体験できるお菓子のテーマパーク

北海道名菓のひとつ「白い恋人」の製造ライン見学が楽しめます。苫小牧からもドライブで訪れやすく、カップルにおすすめの場所。ライン見学に併設されている「スイーツワークショップ・ドリームキッチン」では、世界にひとつだけの白い恋人が作れ、2人の会話も弾むことでしょう。イシヤオリジナルスイーツが味わえる「チョコレートラウンジ」なども併設されていますよ。ラウンジから眺める山々や市街による美しい景色をバックに、おいしいスイーツを堪能できるのも魅力のひとつです。

【札幌】二条市場

札幌の中心・大通からすぐの市民の台所

明治時代から札幌市民の台所として親しまれてきた市場です。札幌市の街中にありアクセスしやすいことから、今ではすっかり観光名所になっています。約50店ほどの鮮魚・青果店が軒を連ね、往来に声高な売り声が響き渡る市場。サーモンいくら丼などの北海道グルメを提供する飲食店やイートインコーナーがあるので、お目当ての新鮮な魚や野菜をゲットしつつ、腹ごしらえてみてはいかがでしょうか?

「札幌」のおすすめスポットをもっと見る 

苫小牧から魅力的な名所へドライブしよう!

苫小牧エリアの周辺には、ドライブで訪れやすい名所や観光スポットがたくさんあります。新鮮な食材を楽しめる市場や、大自然が作り出す癒やしの絶景など、北海道ならではの魅力を感じられることでしょう。本記事でご紹介したスポットを参考に、シーンに合わせてスケジュールを組んでみてはいかがでしょうか。

旅色編集部 なかやま

参考になりましたか? 旅行・おでかけの際に活用してみてください。

記事企画・監修:旅色編集部 なかやま