みんなが大満足で一生の思い出に!

家族旅行におすすめの宿

親孝行として、卒業祝いに……など、家族旅行や三世代旅行の人気が高まっています。そんな三世代での家族旅をめいっぱい楽しむには、宿は厳選したいもの。みんなが満足できて一生の思い出になる、そんな宿で過ごしてみませんか?

人気ランキングはこちら▸

旅色編集部 Pick up

  1. Pick up1

    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ

    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ

    大阪府 / 大阪市此花区

    観光はもちろん家族での滞在時間を満喫できるホテル

    「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」「Zepp大阪ベイサイド」が徒歩圏内、大阪市街にもアクセス抜群の立地にあるホテル。観光の拠点だけでなく、「花畑」「ジャングル」「宇宙」といったコンセプトのユニークな客室が人気だ。子どもの添い寝が可能な「スーペリアツイン」や定員6名の「デラックス6」など、全7タイプの客室を揃えており、親子から3世代まで、さまざまな顔ぶれでの家族旅行が叶う。植物や動物などを描いたインテリアが、旅の思い出を特別なものに演出してくれるだろう。

    大阪府 / 大阪市此花区

    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ

    住所
    大阪府大阪市此花区桜島1丁目1-57
    アクセス
    電車:JRゆめ咲線 桜島駅から徒歩約4分、JRゆめ咲線 ユニバーサルシティ駅から徒歩約10分 車:阪神高速湾岸線 ユニバーサルシティICから約4分

    こちらの記事も合わせて読みたい

家族旅行のおすすめスポット

色とりどりの花々が咲き乱れる絶景 春におすすめ

春は花々が一斉に咲く季節。関西では吉野山の桜、九州ではハウステンボスのチューリップ、関東ではいすみ鉄道沿いの菜の花畑など、花の名所ではこの時期だけの絶景が楽しめます。イチゴ狩り農園や牧場などの体験型観光スポットも、子供たちに人気です。

自然のなかでアクティブに遊ぼう 夏におすすめ

夏休みは涼しく遊びたいもの。マリンアクティビティ充実の沖縄や、湖水浴、ウォータースポーツが楽しめる琵琶湖などは、そんな家族の旅行先にぴったりです。軽井沢、那須、信州の高原、北海道などの避暑地や、自然や温泉を満喫できる伊豆もおすすめです。

食と体験で季節の恵みを存分に味わう 秋におすすめ

恵みの秋は、美しい景色と豊かな実りの季節。関西では京都や奈良、関東では箱根や日光で鮮やかな紅葉が楽しめます。山梨・勝沼でのブドウ狩り、福島でのフルーツ狩り、東北や信州でのリンゴ狩り、和歌山でのミカン狩りなど、家族で果物狩りにも挑戦できます。

日中遊んだ後は温泉でほっこり 冬におすすめ

冬の楽しみといえば、温泉とスノーアクティビティ。北海道や東北、長野、新潟ではスノーアクティビティと温泉の両方が楽しめる宿が揃っています。また、福島、長野、山梨、岡山、大分などでは、澄んだ空気のなか、家族でのスターウォッチングがおすすめです。

家族旅行のおすすめは「旅育」をすること

「旅育」とは、旅を通して子供の心や人間性の成長を促すことです。例えば、旅先で初めてスキーに挑戦した経験は、子供の好奇心や挑戦心を育み、子供にとって家族との大切な思い出にもなるでしょう。このような「旅先だからできる経験」をすすめる旅育には、「親子の絆を深める」、「子供の可能性が広がる」、「子供の視野が広がる」効果があるとされ、特に言葉を理解し始める3~9歳ぐらいの時期は旅育に適しているといわれています。旅先選びを工夫することは、旅育の効果を高めることにもつながります。次の家族旅行の際は、自然に触れられる場所へ行く、収穫体験を組み込むなど、旅育を意識してみてはいかがでしょうか。

家族旅行のおすすめスポット

色とりどりの花々が咲き乱れる絶景 春におすすめ

春は花々が一斉に咲く季節。関西では吉野山の桜、九州ではハウステンボスのチューリップ、関東ではいすみ鉄道沿いの菜の花畑など、花の名所ではこの時期だけの絶景が楽しめます。イチゴ狩り農園や牧場などの体験型観光スポットも、子供たちに人気です。

自然のなかでアクティブに遊ぼう 夏におすすめ

夏休みは涼しく遊びたいもの。マリンアクティビティ充実の沖縄や、湖水浴、ウォータースポーツが楽しめる琵琶湖などは、そんな家族の旅行先にぴったりです。軽井沢、那須、信州の高原、北海道などの避暑地や、自然や温泉を満喫できる伊豆もおすすめです。

食と体験で季節の恵みを存分に味わう 秋におすすめ

恵みの秋は、美しい景色と豊かな実りの季節。関西では京都や奈良、関東では箱根や日光で鮮やかな紅葉が楽しめます。山梨・勝沼でのブドウ狩り、福島でのフルーツ狩り、東北や信州でのリンゴ狩り、和歌山でのミカン狩りなど、家族で果物狩りにも挑戦できます。

日中遊んだ後は温泉でほっこり 冬におすすめ

冬の楽しみといえば、温泉とスノーアクティビティ。北海道や東北、長野、新潟ではスノーアクティビティと温泉の両方が楽しめる宿が揃っています。また、福島、長野、山梨、岡山、大分などでは、澄んだ空気のなか、家族でのスターウォッチングがおすすめです。

家族旅行のおすすめは「旅育」をすること

「旅育」とは、旅を通して子供の心や人間性の成長を促すことです。例えば、旅先で初めてスキーに挑戦した経験は、子供の好奇心や挑戦心を育み、子供にとって家族との大切な思い出にもなるでしょう。このような「旅先だからできる経験」をすすめる旅育には、「親子の絆を深める」、「子供の可能性が広がる」、「子供の視野が広がる」効果があるとされ、特に言葉を理解し始める3~9歳ぐらいの時期は旅育に適しているといわれています。旅先選びを工夫することは、旅育の効果を高めることにもつながります。次の家族旅行の際は、自然に触れられる場所へ行く、収穫体験を組み込むなど、旅育を意識してみてはいかがでしょうか。

シーンに合わせて「宿」を選ぼう!

やりたいことは全部楽しむ 大人が満足できる宿

大人だけの旅は、誰に気兼ねすることなくやりたいことをやるチャンス。テーマパーク併設のホテルなら、ホテルでもパークの世界観を楽しめ、思い出に残ること間違いなしです。夏に海遊びがしたいならマリンアクティビティが揃ったリゾートホテル、行きたい場所があるならツアーがある宿、ゆっくりと長期滞在したいならプールのあるホテルなど、やりたいことが全部揃った宿を選べば、ワンランク上の旅になります。

  • ネスト・ウエストガーデン土佐

    高知県 / 幡多郡

    ネスト・ウエストガーデン土佐

    海を望む入野松原で大人の癒しを届けるリゾートホテル

    土佐の名勝・入野松原に佇む、ユニークな円筒形の建物と薄いグリーンの屋根のスタイリッシュなリゾートホテル。客室は、水平線から昇る朝日を拝めるオーシャンビューの部屋と、落ち着いて寛げる山側和室が揃う。2021年7月にはグランピングプレイスに、客室、ウッドデッキ、ルーフテラスから成るトレーラーハウス「nokka」をオープン。室内にはリビングやキッチンもあり、自然を感じられる空間で、暮らすように過ごすことができる。都会の喧騒から離れ、心ほどける時間を送ってみては。

  • 里山ホテル かねのね丹波

    兵庫県 / 丹波市

    里山ホテル かねのね丹波

    丹波の自然と美食を堪能できる一棟貸しオーベルジュ

    美しい山並みに囲まれた里山の原風景を残す丹波市柏原町で、築約110年の古民家をリノベーションし、ペット同伴可能なコテージを増築、5つの非日常的な空間を有する一棟貸しオーベルジュ。古民家を祖母から受け継いだオーナーが、“懐かしい風景を残したい”という思いで現代建築と融合させ、2023年春にオープンした。広大な農地で丹波の自然が育んだ特産品や米、野菜を栽培し、開放感のあるドッグランも併設。レストランでは収穫した野菜や地元食材を使用した創作フレンチを堪能できる。

  • 創作割烹 潮乃美

    富山県 / 氷見市

    創作割烹 潮乃美

    圧巻の絶景を堪能できる全室オーシャンビューの料理宿

    2022年9月にリニューアルオープンした「創作割烹 潮乃美」は、氷見の海にせり出すように立つ料理宿。全6室の客室はすべてオーシャンビューで、水平線から昇る朝日や富山市の夜景、富山湾の奥にそそり立つ立山連峰まで眺められる。和洋室は、寝そべったまま絶景を愉しめる贅沢な客室。和室は、目の前の眺望とゲストが主役になるようなシンプルな造りの客室。まるで船上にいるかのような眺めを、独り占めにして過ごそう。

  • ホテル天竜閣

    福島県 / 福島市

    ホテル天竜閣

    東北の海の幸と福島の郷土料理を心ゆくまで堪能

    飯坂温泉に佇む、料理が自慢の温泉宿。三陸沖の海鮮を水揚げする仙台漁港から仕入れた海の幸を贅沢に盛り込んだ会席料理が評判だ。なかでも、アワビ・カニ・伊勢海老などの3種の豪華食材や舟盛りなどをいただける「三大宝船プラン」が宿のイチオシ。また、福島の郷土料理として「福島牛ステーキ」「松茸尽くし御膳」など、地元素材を活かした料理も絶品。「お子様御膳」もあるので、子ども連れにも嬉しい。

大人が楽しめる家族旅行におすすめな宿をエリア別で探す

家族みんなで1日中遊べる アクティビティ充実の宿

子供連れの旅行は、子供が飽きずに遊べる施設があるかが宿選びのポイント。大型スライダーを備えたプールやテーマパークを併設したホテルなら、1日中思いっきり遊ぶことができ、疲れてもすぐに部屋で休めるので安心です。土地自慢の山海の幸やデザートが揃ったビュッフェも、子供が喜ぶこと間違いなし。キャンプ体験やバーベキューなど、大人も子供も楽しめるアクティビティが充実した宿もおすすめです。

  • 富士グランヴィラ-TOKI-

    山梨県 / 富士吉田市

    富士グランヴィラ-TOKI-

    富士吉田の街に佇む“異日常空間”を楽しめるヴィラ

    富士急ハイランド駅から徒歩約10分の場所に佇む、プライベート空間を大切にしたい人に嬉しい一棟貸しのヴィラ。定員4名の「ルーフトップヴィラ」と定員8名の「ラージヴィラ」の2タイプを用意。すべての棟にキッチンが付いており、なかにはシアタールームやビューバスが付いている棟も。アメニティは、香りや使用感が良く、体に優しいものを取り揃えている。快適な環境が整った空間で、普段とは異なる贅沢な時間を過ごしたい。

  • 石見ワイナリーホテル美郷

    島根県 / 邑智郡

    石見ワイナリーホテル美郷

    2021年3月開業のちょっとリッチな河畔のホテル

    旧潮温泉大和荘を建て替え、島根県・美郷町の新たな温泉保養施設としてオープンした「石見ワイナリーホテル美郷」。「石見ワイナリー」のある大田市三瓶地区と美郷町を広域で結ぶ長期滞在型の宿泊拠点として運営。エリア内に“体験する・感動する・食べる・泊まる・癒される”施設を設置し、循環型バスを導入することで、相互アクセスできるようにしている。家族や夫婦向けの客室を中心に用意されており、なかには女性専用の客室も。源泉掛け流しの天然温泉やビューティーサロン、ヨガ教室も開催される多目的ルームなども設置されている。

  • BLUE STEAK WONDER CHATAN

    沖縄県 / 中頭郡

    BLUE STEAK WONDER CHATAN

    居心地が良い“暮らすような沖縄ステイ”を叶える

    沖縄の“サブカルチャーの町”北谷に位置する隠れ家的なコンドミニアムタイプのホテル。建物自体からインテリア、周辺の風景に至るまでトータルコンセプトによる、デザイナーが監修・設計のスタイリッシュな空間が魅力だ。客室ごとに趣が異なり、それぞれの旅行シーンに合わせた客室選択が可能。全室バルコニー付きで、「エグゼクティブペントハウス」「オーシャンビュースイート」には、ベッドルームとバスルームを各2室備える。

  • 龍宮城スパホテル三日月 富士見亭

    千葉県 / 木更津市

    龍宮城スパホテル三日月 富士見亭

    都心からアクセス良好な木更津のスパリゾートホテル

    全室から東京湾を望むリゾートホテル「龍宮城スパホテル三日月」。都心から約35分と抜群のアクセスも魅力だ。本館の「龍宮亭」と新館の「富士見亭」があり、「富士見亭」は全室に半露天風呂とテラス付き。晴天時には東京湾越しの富士山を眺めながら、半露天風呂で優雅に寛ぐことも。本館と新館でそれぞれに趣が異なる多彩な客室を揃え、一緒に過ごす人に合わせてさまざまなシーンで利用できる。温泉テーマパーク「スパ棟」には屋外の広大なプールなど、一日では遊び尽くせないほどのアクティビティが詰め込まれている。

子連れで楽しめる家族旅行におすすめな宿をエリア別で探す

三世代水入らずで過ごせる 誰もがくつろげる宿

親子三世代水入らずでゆっくり過ごしたいなら、和風の温泉宿がぴったり。みんながストレスを溜めずに過ごせるように、コネクティングルームなど、プライバシーを保てる部屋割りを選ぶのがおすすめです。果物狩りなど、子供も祖父母も一緒に楽しめるアクティビティがあれば、素敵な思い出作りにつながります。子供が小さいなら、キッズルームやキッズメニューを利用できるかどうかも要チェックです。

  • Dog Villa Holoholo

    兵庫県 / 淡路市

    Dog Villa Holoholo

    広々とした敷地に広がる美しい天然の芝

    約600平米の広大な敷地を、貸切スタイルで利用できる「Dog Villa Holoholo」。愛犬や大切な人と静かに過ごしたり、友人同士で集まってバーベキューをしたりと、思い思いの時間が過ごせる。小豆島に沈む夕日を眺めて、満天の星の下でたき火をするなど、すべてが自由に楽しめる一棟貸しの別荘で、この地ならではの思い出を作ってみてはいかが。

  • 川口屋城崎リバーサイドホテル

    兵庫県 / 豊岡市

    川口屋城崎リバーサイドホテル

    「松葉ガニ」と「但馬牛」の最高峰と露天風呂を満喫

    関西有数の温泉街・城崎温泉に立つ、料理自慢の湯宿「川口屋城崎リバーサイドホテル」。冬の味覚を代表する「松葉ガニ」はもちろん、「但馬牛」の最高峰と称される「但馬玄(たじまぐろ)」など、地元のブランド食材や山陰地方の山海の幸を存分に堪能できる。1916年(大正5年)創業と歴史ある湯宿は、2021年より個室の食事処やラウンジなど次々にリニューアル。最上階には大人専用の露天風呂付き客室「特別室 楽陸-Rakuga-」もオープン。星空を眺めながら、好きな時に好きなだけ湯浴みを愉しむことができる。

  • 宙の森ホテル花郷里

    兵庫県 / 美方郡

    宙の森ホテル花郷里

    自然のなかで“リフレッシュ&リセット”できる空間

    兵庫県・香美町の雄大な自然を感じながら、ホテルやグランピングテント、ログハウスで非日常のひとときを過ごせる「宙の森ホテル花郷里」。ホテルの客室には、ダブル・ツイン・トリプル・和洋室タイプのファミリールームなどが揃い、ひとり旅から家族旅行まで対応可能だ。全客室にプラネタリウムが設置されており、ロマンチックな星空の世界を堪能できる。また、自然との一体感を愉しめるグランピングプランも人気だ。

  • 宮崎の奥座敷で楽しむ囲炉裏懐石の宿 長日川

    宮崎県 / 宮崎市

    宮崎の奥座敷で楽しむ囲炉裏懐石の宿 長日川

    自然豊かな“宮崎の奥座敷”に佇む囲炉裏会席の宿

    “宮崎の奥座敷”と呼ばれる、宮崎市田野町の静かな山あいに佇む料理宿。宿の自慢は、温暖な宮崎で育まれた自然の恵みを贅沢に使った料理。全国屈指の黒毛和牛「宮崎牛」をはじめ、ブランド地鶏「みやざき地頭鶏(じとっこ)」などを、囲炉裏の炭火で炙っていただく「囲炉裏会席」が評判だ。品揃えも豊富な宮崎の美味しい焼酎とのマリアージュも魅力。2019年に全館リニューアルを施した客室は、モダンな洋室と、落ち着きのある和室が揃う。宮崎の味に舌鼓を打ち、静かなひとときを過ごそう。

三世代で楽しめる家族旅行におすすめな宿をエリア別で探す

パパママも安心してくつろげる 赤ちゃん歓迎の宿

子供が赤ちゃんのうちは、「子連れに優しい」を掲げた宿がおすすめ。赤ちゃんと一緒の家族専用プランをはじめ、家具の角が丸かったり、お絵かきができる壁があったりする特別仕様の客室や離乳食サービス、赤ちゃん用の食器やエプロン、おもちゃなど、嬉しいサービスが揃っています。食事は部屋食、お風呂は部屋付きまたは貸し切り可能であれば、赤ちゃんがぐずっても周りを気にせず、ゆっくり過ごせます。

  • いっぺん庵

    京都府 / 京丹後市

    いっぺん庵

    全7室に源泉掛け流しの檜の内湯と露天風呂を完備

    京都府最北西に位置する京丹後市の久美浜にある、日本海を見下ろす隠れ宿。全7室の離れの客室すべてに源泉掛け流しの檜の内湯と露天風呂が付き、自家源泉の湯を独り占めできる。海を一望する客室、庭付きの客室など、4種類の客室が揃い、いずれも趣のある寛ぎの空間だ。館内には毎日女将が活ける季節の花が飾られ、もてなしの心が潤いを添える。また、客室とは別に大浴場があり、24時間、自家源泉の湯を掛け流しで愉しめる。離れの宿だからこそ味わえる贅沢なひとときを、心ゆくまで堪能しよう。

  • ホテル ユニバーサル ポート

    大阪府 / 大阪市此花区

    ホテル ユニバーサル ポート

    最上階フロアやコンセプトルームが充実したホテル

    “アクアと映画”をテーマにしたエンターテインメントホテル「ホテル ユニバーサル ポート」。ロビーでは巨大水槽がゲストを出迎え、館内には映画のセットのようなフォトスポットが点在し、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」から帰った後もわくわくが続く。カップルからグループまで使いやすい客室を備え、ワンランク上の滞在を演出する最上階フロアや、ユニークなコンセプトルームも充実している。レストランでは、ビュッフェスタイルやコース料理を用意し、幅広い世代を笑顔にしてくれる。

  • クリスタルヴィラインギャー

    沖縄県 / 宮古島市

    クリスタルヴィラインギャー

    海から吹き抜ける南国の風に包まれる非日常的な空間

    宮古空港から車で約17分、沖縄の穏やかな海と広い空が織り成す南国風景のなかに立つ、別荘のようなリゾートヴィラ。部屋は、ワンフロアタイプや2階建てタイプ、リノベーションしたタイプなど、多様なプライベート空間が用意されている。特に人気なのが、2021年春オープンのコテージ風タイプ。専用プールとジャグジーを備える贅沢な部屋は、カップルや友だち同士で特別な休日を過ごすのにぴったりだ。オーシャンビューのテラスは、美しい夕日を眺める特等席。ゆっくりと流れる時間に身をゆだね、非日常のひとときを満喫したい。

  • ORIENTAL HOTEL

    兵庫県 / 神戸市中央区

    ORIENTAL HOTEL

    神戸らしい景観と歴史あるホテルの品格を満喫できる

    開港時の面影が残る旧居留地25番地で1870年に創設して以来、150年以上の歴史を誇る「ORIENTAL HOTEL」。客室は、西洋と東洋の文化が融合する神戸の魅力を凝縮した空間になっており、美しい神戸港を眺められるハーバービューと、雄大な六甲山を望むシティビューが用意されている。ラグジュアリーな「スイート」「デラックスルーム」や、ゆったりと過ごせる客室を多数用意。17階ロビーからの眺望も圧巻だ。

赤ちゃん歓迎の家族旅行におすすめな宿をエリア別で探す

絶景を眺めながらくつろげる 温泉を満喫できる宿

小さな子供連れや家族水入らずで温泉を楽しみたいなら、露天風呂付客室に泊まるのがおすすめ。また、大浴場のほかに貸切風呂や家族風呂がある宿なら、周りの目を気にせずにさまざまなお風呂を楽しむことができます。シチュエーションを重視するなら、満天の星の下で入浴できる山あいの湯や大海原に臨む露天風呂、雪見風呂の宿といった選択肢も。どれも忘れられない思い出になりそうです。

  • Biz&Spa KISEKINOYU(別館 稀石の癒)

    長野県 / 諏訪市

    Biz&Spa KISEKINOYU(別館 稀石の癒)

    “稀石”のラジウム鉱石で体の芯まで温まる岩盤浴スパ

    諏訪湖のほとりに立つ「ホテル紅や」の別館。別館に宿泊しつつも、風呂やレストランなどの施設は本館と共用のため、両方の施設をたっぷり堪能できる。別館には貸切風呂やサウナなどの温浴施設が各種取り揃い、なかでも温泉の熱で温めた岩盤浴は体がじんわり温まると評判だ。客室は、洋室のシングルとツイン、人気の“おこもりステイ”が叶う限定1室の露天風呂付客室の3タイプ。洋室に宿泊の場合も、貸切風呂が予約制で愉しめるので、ゆったりと湯に浸かり、日頃の疲れを癒やす旅を満喫しよう。

  • 雨晴温泉 磯はなび

    富山県 / 高岡市

    雨晴温泉 磯はなび

    雨晴の海を望み、心も体も癒される温泉宿

    日本の渚百選のひとつである「雨晴海岸」から車で約5分という立地に佇む「雨晴温泉 磯はなび」。日本海はもちろん、立山連峰までをも見渡すことができる絶景の温泉宿だ。春は、富山湾の宝石「白エビ」や神秘的な「ホタルイカ」でにぎわい、夏は、氷見の島尾海水浴場、高岡の松太枝浜海水浴場などで海水浴を満喫できる。また、秋から冬は「紅ズワイガニ」や「寒ブリ」などが旬を迎える。料理長がこだわったごちそうに舌鼓を打ち、温泉でゆっくりと寛いでほしい。

  • 磯原シーサイドホテル

    茨城県 / 北茨城市

    磯原シーサイドホテル

    全客室からオーシャンビューを堪能できる海辺のホテル

    豊かな自然に包まれた北茨城に位置する磯原海岸の波打ち際に立つ「磯原シーサイドホテル」。館内随所から海を望む抜群のロケーションが自慢だ。和室・洋室・和洋室など、全6タイプの客室を備え、そのすべてがオーシャンフロント。絶景を眺めながらゆったりと寛げる。食事は、“地産地消”をコンセプトにした料理を味わえる。自家製にこだわり、調味料まで手作りしているのだそう。また、館内の「展望浴場」や屋上にある「天空露天風呂」で、湯浴みを愉しめる。雄大な太平洋の景観と波の音に癒やされる、非日常のひとときを満喫してみては。

  • 天橋立・岩滝温泉ホテル 喜楽家

    京都府 / 与謝郡

    天橋立・岩滝温泉ホテル 喜楽家

    本館新館ともに広く安らぐアットホームな料理旅館

    阿蘇海のほとりに立ち、日本三景のひとつ天橋立を望むロケーション抜群の宿。本館、新館ともに客室はすべて和室で、窓を開けると阿蘇海のさざ波がそっと聞こえてくる癒やしの空間だ。畳で寛ぎ布団で眠れるので、足を伸ばしたりごろりと寝転がったり、自宅のように過ごせるのが嬉しい。予約時に相談することで、愛犬と同じ部屋に宿泊することも可能(有料)。専用の施設やアメニティはないが、一緒に旅の景色を愉しんで思い出を作ろう。

温泉が充実した家族旅行におすすめな宿をエリア別で探す

家族旅行におすすめの宿をエリア別で探す

よくあるご質問

  • 新垣結衣さんや米倉涼子さんが登場する「月刊旅色」をいつも楽しみにしていますが、最近は「旅色FOCAL」も気になっています。旅色FOCALについて詳しく教えてください。

    いつもご覧いただきありがとうございます。「旅色FOCAL」は日本のローカルにフォーカスする旅色特別号で、はじめて訪れる土地で見つけた感動や興奮をお届けする電子雑誌です。毎月25日公開の「月刊旅色」とあわせて、旅色FOCALも是非お楽しみください。

  • 旅色では観光情報だけでなく、旅館・ホテル、飲食店、レジャースポットの情報を取り扱っているかと思いますが、それぞれどのページを参考に選べばよいでしょうか。

    旅館・ホテル」「グルメ・飲食店」「観光・体験・レジャー」など、それぞれで専用のページを設けています。また「人気ランキング」「厳千宿」「テーマ別特集」など特別コンテンツでもご紹介しております。

その他の特集を見る

サウナ付きのホテル・旅館で 心おきなくととのう旅
家族旅行におすすめの宿
一棟貸し貸別荘で過ごす休日
おしゃれに楽しむグランピング グランピングという贅沢
ずっと思い出に残るひと時を 記念日を特別にする旅館・ホテル