絢爛豪華にしてリーズナブル ビュッフェで盛り上がろう!

旬の食材を心ゆくまで味わえる、旅館やホテルのビュッフェ。ずらりと並ぶおいしそうな料理や、シェフが目の前で調理をしてくれるライブキッチンは、旅を盛り上げてくれること間違いなし!3世代家族旅行にもおすすめのビュッフェのある宿をご紹介します。

人気ランキングはこちら▸

旅色編集部 Pick up

  1. Pick up1

    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル
    雲仙みかどホテル

    雲仙みかどホテル

    長崎県 / 南島原市

    銘木に癒やされて豪華ビュッフェを満喫する湯宿

    湯宿で癒やされながら、ワンランク上の食材をたっぷりと満喫しよう。食房「百福豊穣」でいただけるのは、カニや国産和牛の食べ放題、お寿司、ビュッフェに並ぶ旬の素材を使った料理の数々。ぷりぷりのカニやジューシーな国産和牛は時期により美味しい産地を求め仕入先を変更し、いつでも新鮮な素材を揃えている。「松坂牛」や熊本県産の「あか牛」などの豊富な部位が並ぶ時期もあるので堪能したい。スイーツやドリンクも種類豊富に揃い、寛げる和モダンの上質な空間で心ゆくまで美食を愉しもう。

    長崎県 / 南島原市

    雲仙みかどホテル

    住所
    長崎県南島原市深江町甲5292-2
    アクセス
    車:長崎自動車道 諫早ICから約120分・島原外港から車で約20分

だから盛り上がる!3つのポイント

1.旅先の宿ならでは 旬の食材がたっぷり味わえる

旅先で食事を楽しむなら、その土地ならではの食材を味わいたいもの。お肉や新鮮なお刺身、カニやイクラ、旬のフルーツなどを好きなだけいただけるのが、宿のビュッフェの醍醐味です。施設によっては、季節ごとのフェアを開催しているところもあります。

2.非日常を演出してくれる 臨場感あるライブキッチン

旅館・ホテルのビュッフェやバイキングでよく見かけるライブキッチン。目の前で調理をしてくれる臨場感に、大人も子どもも盛り上がりそう。揚げたての天ぷらをいただけたり、ローストビーフを好みの厚さに切り分けてくれたりと、嬉しい演出が目白押しです。

3.好きなものを好きなだけ! 3世代旅行でもみんなが大満足

さまざまな世代での旅行では、食の好みや量をあわせることに悩みがちです。そんな心配も、好きなものを好きなだけ食べられる、ビュッフェやバイキングなら解消できます。臨場感のあるライブキッチンや自分でつくるスイーツなど、エンタメ性の高さも魅力です。

知っておきたい ビュッフェとバイキングの違い

「ビュッフェ」の語源「buffet」はフランス語で、食べ放題の意味はなく、立食スタイルやセルフ形式の食事を指します。一方「バイキング」は、定額を払っての食べ放題スタイルを指す和製英語。好みの料理を選ぶデンマークの「スモーガスボード」にヒントを得て、北欧のイメージからバイキングと名付けられたことがはじまりです。語源も本来の意味も違う二つの言葉ですが、現在はどちらも食べ放題の意味で使われがちです。

だから盛り上がる!3つのポイント

1.旅先の宿ならでは 旬の食材がたっぷり味わえる

旅先で食事を楽しむなら、その土地ならではの食材を味わいたいもの。お肉や新鮮なお刺身、カニやイクラ、旬のフルーツなどを好きなだけいただけるのが、宿のビュッフェの醍醐味です。施設によっては、季節ごとのフェアを開催しているところもあります。

2.非日常を演出してくれる 臨場感あるライブキッチン

旅館・ホテルのビュッフェやバイキングでよく見かけるライブキッチン。目の前で調理をしてくれる臨場感に、大人も子どもも盛り上がりそう。揚げたての天ぷらをいただけたり、ローストビーフを好みの厚さに切り分けてくれたりと、嬉しい演出が目白押しです。

3.好きなものを好きなだけ! 3世代旅行でもみんなが大満足

さまざまな世代での旅行では、食の好みや量をあわせることに悩みがちです。そんな心配も、好きなものを好きなだけ食べられる、ビュッフェやバイキングなら解消できます。臨場感のあるライブキッチンや自分でつくるスイーツなど、エンタメ性の高さも魅力です。

知っておきたい ビュッフェとバイキングの違い

「ビュッフェ」の語源「buffet」はフランス語で、食べ放題の意味はなく、立食スタイルやセルフ形式の食事を指します。一方「バイキング」は、定額を払っての食べ放題スタイルを指す和製英語。好みの料理を選ぶデンマークの「スモーガスボード」にヒントを得て、北欧のイメージからバイキングと名付けられたことがはじまりです。語源も本来の意味も違う二つの言葉ですが、現在はどちらも食べ放題の意味で使われがちです。

シチュエーション別に『宿』を選ぼう

一日の元気をチャージする モーニングビュッフェ

気分を上げていきたい旅にとって、朝食は一日の元気をチャージする大事なもの。宿のモーニングがビュッフェだと、がぜん一日が楽しくなりそう。サラダに目玉焼き、ソーセージといった定番モーニングだけでなく、人気のライブキッチンでできたてアツアツを食べられるスクランブルエッグやパンケーキ、自家製のパンやスープ、ご当地の焼き魚や郷土料理など、こだわりのメニューが並ぶ宿だと、なお旅が充実しそうです。

  • ホテルグリーンプラザ箱根

    神奈川県 / 足柄下郡

    ホテルグリーンプラザ箱根

    霊峰富士の美と迫力を満喫できる箱根・仙石原の温泉宿

    世界遺産・富士山の姿を満喫したい人におすすめなのが、箱根・仙石原にあるこの「ホテルグリーンプラザ箱根」だ。客室や、仙石原温泉を引く露天風呂など、さまざまな場所から富士山が見えるように造られており、大自然の中、絶景を堪能しながら過ごすことができる。さらに、ライブキッチンや可愛らしいデザートが愉しめるレストランを併設するのも、女性を惹きつけるポイントだ。箱根ロープウェイの姥子駅から徒歩約3分と、アクセスも抜群。周辺には、仙石原や大涌谷といった人気観光スポットがいっぱいで、箱根の魅力も存分に味わえる。

  • JRホテルクレメント高松

    香川県 / 高松市

    JRホテルクレメント高松

    美しい景色が眼前に広がるパノラマビューホテル

    瀬戸内海と高松市街を一望できる、美しいパノラマビューが自慢の「JRホテルクレメント高松」。高松琴平電気鉄道高松築港駅や、空港行きのリムジンバスの発着所、小豆島へ向かうフェリー乗り場など、さまざまな交通網が集まる、JR高松駅の近くに位置し、観光やビジネスユースに最適だ。18階に位置し、瀬戸内海や高松市街の絶景を独り占めできるスイートルームのほか、和室やバリアフリー対応の部屋タイプが揃う。

  • 博多グリーンホテル1号館

    福岡県 / 福岡市博多区

    博多グリーンホテル1号館

    ゆっくり過ごせる博多駅徒歩約1分のホテル

    JR博多駅筑紫口(新幹線口)、地下鉄博多駅、博多バスターミナルから徒歩約1分にあるアクセス抜群のホテル。シングル、ダブル、各種ツインルームや、2~3名で利用する「スーペリアツインルーム」、ゆとりある「エグゼクティブツインルーム」など多様な部屋が揃う。また「博多阪急百貨店」や、福岡を代表する繁華街「中洲」が徒歩圏内で、観光やビジネス利用のゲストに人気だ。テレビ用OS「Android TV」も全室に導入。

  • ダイワロイネットホテル 広島駅前

    広島県 / 広島市東区

    ダイワロイネットホテル 広島駅前

    中国地方随一の活気あふれる街・広島での上質な時間

    JR広島駅の新幹線口から、徒歩約5分の場所に位置する「ダイワロイネットホテル 広島駅前」。客室は上質なインテリアで装飾された落ち着いた内装で、ビジネスシーンや観光、大切な記念日などにもぴったり。ダブルやツイン、バリアフリー対応など幅広いタイプを揃えており、すべての客室が18平米以上の広さ。さらにお風呂とトイレがセパレートになっているなど、快適に過ごすためのこだわりが詰まっている。

モーニングビュッフェがおすすめのホテル・旅館をエリア別で探す

優雅な体験をリーズナブルに ランチビュッフェ

ホテルランチはちょっとした優雅な気分が味わえる体験です。それがビュッフェであれば、なおのこと。ディナーだと価格やマナーなどで敷居の高さを感じる高級ホテルでも、ランチならリーズナブルに、リラックスして料理を堪能できそう。季節ごとに変わるビュッフェや「点心ビュッフェ」といったテーマがあるビュッフェ、なかにはスイーツビュッフェとランチがセットになったプランがある宿もあるので、あれこれ楽しめます。

  • アートホテル成田

    千葉県 / 成田市

    アートホテル成田

    観光・ビジネスの拠点となり国内外からアクセス良好

    東関東自動車道成田ICより車で約2分、JR成田駅および成田空港へホテル往復の無料シャトルバスを運行する「アートホテル成田」。豊かな自然に囲まれており、広大な庭園を散歩したり、季節感あふれる地産地消の食事や天然温泉を愉しんだりできるため、成田空港からの出発前や到着後にも利用したいホテルだ。客室はWi-Fiが完備されておりビジネスでの利用にも便利。周辺には「成田山新勝寺」「成田ゆめ牧場」「航空科学博物館」などさまざまな観光スポットもあり、ホテルを拠点に千葉県観光を愉しむのにも絶好のロケーション。

  • ニューウェルシティ出雲

    島根県 / 出雲市

    ニューウェルシティ出雲

    落ち着いた雰囲気の大浴場で肌に優しいお湯に浸かる

    「ニューウェルシティ出雲」に備わっている「えんや温泉」は、緑白色の濁り湯が特徴的な自家源泉。湯冷めしにくくさっぱりとした泉質で、日本有数の美肌の湯・島根県ならではの、肌触りの良いお湯が心身ともに癒やしてくれる。浴場内はコンパクトな造りで人数制限も設けているため、混雑を避けて入浴できる。じっくりと体を温めてくれる湯に足を伸ばして浸かれば、旅の疲れも取れリラックスした時間が過ごせるだろう。

  • ホテルアムステルダム(ハウステンボス直営)

    長崎県 / 佐世保市

    ホテルアムステルダム(ハウステンボス直営)

    「ハウステンボス」内で暮らすように過ごせるホテル

    九州最大級のテーマパーク「ハウステンボス」にある、パーク内唯一のホテル。「ハウステンボス」のほぼ中央に位置し、古き良き時代のヨーロッパを再現した街並みに立つ。広々した客室は、カップルや家族、女子旅など多彩なシーンに合わせて選べ、快適な滞在を約束する。なかでも最上階フロアでは、専用のコンシェルジュサービスやクラブラウンジで特別なもてなしが提供され、贅沢な時間をおくれるのも魅力。パーク内の景色や雰囲気に浸りながら、食事やアルコールが愉しめるレストランも充実している。

  • 雲仙みかどホテル

    長崎県 / 南島原市

    雲仙みかどホテル

    豪華ビュッフェが自慢の銘木の温もりに癒される湯宿

    長崎・島原の広大な自然に囲まれた温泉宿「雲仙みかどホテル」。樹齢約800年の巨大な椎の木が鎮座する門をはじめ、都市開発やダム建設により伐採された多くの銘木が、館内の至るところで存在感を示している。旅の醍醐味ともいえる食事は、カニや国産和牛の焼き肉といった豪華な山海の幸をはじめ、地元・島原の食材を使った旬が薫る料理からスイーツまで、子どもから大人までたっぷりと愉しめるメニューが揃う。料理人の技が光る多彩な料理を思い思いに満喫しよう。

ランチビュッフェがおすすめのホテル・旅館をエリア別で探す

豪華さとエンタメ性を満喫 ディナービュッフェ

宿が誇るシェフの料理を堪能するなら、なんといってもディナーですね。ディナービュッフェなら、品数もバリエーションも、食べ放題であったとしても迷うほどにたくさんの品々が所狭しと並ぶのが魅力。和食、フレンチ、イタリアン、中華とさまざまな国の料理が並んだり、郷土料理のフェアがあったり、色とりどりの食後のスイーツも充実。シェフが目の前で腕を振るうライブキッチンなど、豪華なお楽しみがいっぱいです。

  • 北天の丘 あばしり湖 鶴雅リゾート

    北海道 / 網走市

    北天の丘 あばしり湖 鶴雅リゾート

    古代オホーツクのロマンに満ちた非日常の空間

    青々とした大自然に囲まれ、旅人たちを癒やしの世界へと誘い込むリゾートホテル「北天の丘 あばしり湖 鶴雅リゾート」。オホーツクの文化、消えた古民族の行く末に思いを巡らせたり、露天風呂付き客室でのんびりと寛いだり、オホーツクの幸を取り揃えたダイニングで極上の料理に舌鼓を打ったり……。優雅な休日を過ごしてほしい。2023年9月16日、オホーツク文化の伝統家屋からインスピレーションを受けた「HILLTOP VILLAGE IZUBA」がオープン。

  • 伊豆マリオットホテル修善寺

    静岡県 / 伊豆市

    伊豆マリオットホテル修善寺

    抜群の眺望と歴史ある名湯を同時に愉しめるホテル

    伊豆・修善寺に立ち、非日常感ある休日を過ごせる「伊豆マリオットホテル修善寺」。伊豆の自然とマッチするように、木のマテリアルや木漏れ日をモチーフにした128室から成るホテルだ。温泉風呂付きの客室や温泉スパで、開湯1200年を超えるといわれる修善寺温泉を堪能できる。また、「ドッグフレンドリールーム」もあり、愛犬と一緒に過ごせてリラックスできると好評だ。世界各地で愛される「マリオットホテル」のホスピタリティ精神が、伊豆・修善寺での特別なひとときを彩ってくれる。

  • 箱根・芦ノ湖 はなをり

    神奈川県 / 足柄下郡

    箱根・芦ノ湖 はなをり

    芦ノ湖と一体になれる湖畔の絶景宿でリラックスステイ

    目の前に広がる芦ノ湖と箱根外輪山の眺望が素晴らしい、風光明媚な湖畔に立つ宿。和と洋が調和するインテリア、ゆったりとした空間造り、それぞれ異なる趣向の景観が愉しめる2つの大浴場、創意あふれる料理が並ぶ新感覚のビュッフェダイニング、芦ノ湖を望みながらのんびりと浸かれる「足湯カウンター」、オープンエアの「水盤テラス」、芦ノ湖を包む緑がスクリーンのように広がるロビー、そして何よりも真心を込めた“おもてなし”が、宿泊する人々を大きな寛ぎへと導く。

  • ホテルラヴィエ川良

    静岡県 / 伊東市

    ホテルラヴィエ川良

    8本の源泉から汲み上げる湯量豊富な温泉リゾート

    伊東駅から徒歩約7分の所に立つ、8本の源泉を持ち、豊富な湯量を誇る「ホテルラヴィエ川良」。大浴場はもちろん、露天風呂、全天候型温泉プール、客室の風呂まですべて天然温泉を利用している、ファミリーにおすすめの温泉リゾート施設だ。広々とした大浴場には、サウナや打たせ湯、ジェット寝湯などを備えている。檜造り八角風呂と陶器風呂を設えた、源泉掛け流しの豪華な貸切露天風呂で、プライベートな時間を愉しむのも良い。

ディナービュッフェがおすすめのホテル・旅館をエリア別で探す

臨場感とできたてを味わう ライブキッチン

ライブキッチンとは、シェフ自らが目の前で料理を仕上げてくれるサービスのこと。ずらりと並んだ料理人たちがさまざまな料理を作る姿は迫力満点。イベント性も満点で、まさに食のエンターテイメント。モーニングなら具を選んで作ってもらえるスクランブルエッグ、ディナーなら鉄板焼きや天ぷら、ロティサリーチキンなどをできたてのアツアツでいただけます。目の前で握ってもらえる寿司も特別感があって心が躍ります。

  • ホテルグリーンプラザ箱根

    神奈川県 / 足柄下郡

    ホテルグリーンプラザ箱根

    霊峰富士の美と迫力を満喫できる箱根・仙石原の温泉宿

    世界遺産・富士山の姿を満喫したい人におすすめなのが、箱根・仙石原にあるこの「ホテルグリーンプラザ箱根」だ。客室や、仙石原温泉を引く露天風呂など、さまざまな場所から富士山が見えるように造られており、大自然の中、絶景を堪能しながら過ごすことができる。さらに、ライブキッチンや可愛らしいデザートが愉しめるレストランを併設するのも、女性を惹きつけるポイントだ。箱根ロープウェイの姥子駅から徒歩約3分と、アクセスも抜群。周辺には、仙石原や大涌谷といった人気観光スポットがいっぱいで、箱根の魅力も存分に味わえる。

  • フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ

    沖縄県 / 石垣市

    フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ

    暮らすように滞在して石垣島の自然を近くに感じる

    石垣空港から車で約35分、石垣島らしさを大事にしつつ、洗練されたリゾート感をミックスしたリゾートホテル。目の前に広がる「フサキビーチ」は約1kmの天然の砂浜で色とりどりの熱帯魚が集まり、桟橋「フサキエンジェルピア」から眺める輝く夕日は絶景。レストランでは、島魚や石垣産黒毛和牛、新鮮野菜、南国フルーツなど多彩なメニューを堪能しよう。色鮮やかな花や、亜熱帯の樹木の下で心ほどける時間を。

  • 雲仙みかどホテル

    長崎県 / 南島原市

    雲仙みかどホテル

    豪華ビュッフェが自慢の銘木の温もりに癒される湯宿

    長崎・島原の広大な自然に囲まれた温泉宿「雲仙みかどホテル」。樹齢約800年の巨大な椎の木が鎮座する門をはじめ、都市開発やダム建設により伐採された多くの銘木が、館内の至るところで存在感を示している。旅の醍醐味ともいえる食事は、カニや国産和牛の焼き肉といった豪華な山海の幸をはじめ、地元・島原の食材を使った旬が薫る料理からスイーツまで、子どもから大人までたっぷりと愉しめるメニューが揃う。料理人の技が光る多彩な料理を思い思いに満喫しよう。

  • 蓼科グランドホテル滝の湯

    長野県 / 茅野市

    蓼科グランドホテル滝の湯

    みんなが楽しい旅になる伝統と新しさにあふれた湯宿

    戦国武将が傷を癒やしたとされる蓼科温泉で、約100年の歴史を誇る「蓼科グランドホテル滝の湯」が、大規模なリニューアルで生まれ変わった。圧巻の大自然に溶け込むような温泉でゆったりと愉しみ、地元の食材を中心とした多彩な料理を味わう。部屋はバリエーション豊かに用意されているので旅の目的にあわせて選べ、さらに子どもが遊ぶパーク、大人が寛げるラウンジやエステ、家族やグループで盛り上がれる娯楽施設があり、時間を忘れて愉しむことができる。伝統と新しさが融合した快適さと満足感に、訪れたすべての人が笑顔になるだろう。

ライブキッチンがあるホテル・旅館をエリア別で探す

ビュッフェが楽しめる宿をエリア別で探す

よくあるご質問

  • 新垣結衣さんや米倉涼子さんが登場する「月刊旅色」をいつも楽しみにしていますが、最近は「旅色FO-CAL」も気になっています。旅色FO-CALについて詳しく教えてください。

    いつもご覧いただきありがとうございます。「旅色FO-CAL」は日本のローカルにフォーカスする旅色特別号で、はじめて訪れる土地で見つけた感動や興奮をお届けする電子雑誌です。毎月25日公開の「月刊旅色」とあわせて、旅色FO-CALも是非お楽しみください。

  • 旅色では観光情報だけでなく、旅館・ホテル、飲食店、レジャースポットの情報を取り扱っているかと思いますが、それぞれどのページを参考に選べばよいでしょうか。

    旅館・ホテル」「グルメ・飲食店」「観光・体験・レジャー」など、それぞれで専用のページを設けています。また「人気ランキング」「厳千宿」「テーマ別特集」など特別コンテンツでもご紹介しております。

その他の特集を見る

サウナ付きのホテル・旅館で 心おきなくととのう旅
家族旅行におすすめの宿
一棟貸し貸別荘で過ごす休日
おしゃれに楽しむグランピング グランピングという贅沢
ずっと思い出に残るひと時を 記念日を特別にする旅館・ホテル