特別な1日は朝から始まる 朝食が美味しいホテル・旅館

普段朝ごはんを食べない人も、旅先の朝食は楽しみなものでは? 充実のビュッフェやホテルメイドのパンやフレッシュジュース、手間暇かけた和食などこだわりの朝食を食べれば、特別な一日が始まるはず。旅の朝を彩る、朝食自慢の旅館やホテルをご紹介します。

人気ランキングはこちら▸

お目当ての朝食で『宿」 を選ぼう!

贅沢な体験をリーズナブルに! お値打ち朝食のある宿

贅沢なホテルでなくても、ちょっと豪華な朝食を楽しめるのがホテルモーニングの魅力のひとつ。近年、ビジネスホテルでは、宿泊客を呼ぶために、リーズナブルでありながら充実した、コストパフォーマンスのいい朝食を用意しています。海鮮を好きなだけのせられる丼がビュッフェに盛り込まれている宿、ディナー顔負けのご当地食材が朝食に登場するホテル、なかには無料の朝食が付くというビジネスホテルもあります。

  • あてま高原リゾートベルナティオ

    新潟県 / 十日町市

    あてま高原リゾートベルナティオ

    高原リゾートで新潟の自然美と食を心ゆくまで満喫

    「ミシュランガイド新潟2020」4パビリオンの宿泊施設として掲載された高原リゾートホテル。広大な敷地内にはゴルフ場もあり、ゴルフ旅、女子旅、家族旅からワンちゃんとの旅行まで、さまざまなニーズやシーンに対応している。館内には、周辺の素晴らしい景色を眺めながら温泉三昧できる複数の湯処や、地元・新潟の食材をふんだんに活かした料理を提供する3つのレストランがあり、リゾートステイの気分をさらに盛り上げてくれる。米粉を使ったホテル特製の焼きたてクロワッサンなどが並ぶ朝食も好評だ。

  • ハリスホテル EAST

    群馬県 / 高崎市

    ハリスホテル EAST

    和のテイストを取り入れたシンプルで利便性の高い空間

    群馬県最大の人口規模を持ち、豊かでにぎわいのある都市・高崎市の中心地に2020年10月31日にオープンしたビジネスホテル。高崎駅から徒歩約7分というアクセスの良さと、シンプルモダンなデザイン性が魅力だ。シングルサイズとダブルサイズのベッドを備えた客室がメインで、和のテイストを取り入れた室内は居心地の良い雰囲気。利便性に優れた環境なので、ビジネスでの利用はもちろん、観光の拠点としても最適だ。

  • ひふみ旅館

    京都府 / 京都市下京区

    ひふみ旅館

    京都駅前の立地でありながらゆったりと寛げる老舗旅館

    京都駅烏丸口から徒歩約3分、情緒ある「京の旅館通り」沿いに佇む老舗旅館。10畳・7.5畳、6畳の3タイプの和室があり、10畳の客室は5名まで宿泊できて風呂が付いている。ファミリーやグループでの旅行におすすめだ。7.5畳の和室は2020年にリニューアルした、スタンダードなタイプの客室。風呂は大浴場を利用しよう。6畳の和室は風呂付きの客室。コンパクトなタイプで、おひとり様やカップルにもぴったりだ。

  • 玄妙庵

    京都府 / 宮津市

    玄妙庵

    日本三景のひとつ「天橋立」を望む高台の宿

    京都北部・丹後の山頂にしっとりと佇む由緒ある民芸風数奇屋造りの「玄妙庵」は、豊かな緑や海が間近に感じられ、木の温もりが伝わるロビーや客室からは日本三景として有名な「天橋立」や宮津湾が見渡せる。室町時代が起源の歴史をもつ純和風の館内は、静寂と柔和な雰囲気で癒される空間だ。客室は、「天橋立眺望和室」が14部屋、「宮津湾眺望和室」が3部屋の全17室。食事や観光以外はゆっくりと過ごしたくなる居心地の良さで、畳に寝転びながら、窓からのパノラマビューを眺めたい。

朝食が美味しいリーズナブルな宿をエリア別で探す

SNSでも自慢できる朝食を 話題の朝食がある宿

旅先の宿で朝食を楽しむときも、話題の体験で気分を上げたいもの。ホテルのレストラン会場は眺望やロケーションが抜群なことも多く、フォトジェニックでSNSで自慢できる朝食体験ができます。ニューオープンのホテルでの朝食や、パンケーキやエッグベネディクトといった見栄えのするメニューが並ぶビュッフェ、「日本一の朝食シェフ」が監修した朝食ビュッフェが食べられる宿といった、旬なスポットを厳選しました。

  • 道後hakuro

    愛媛県 / 松山市

    道後hakuro

    趣のある庭を設えた露天風呂と大浴場

    道後温泉の街中に佇む、現代的でスタイリッシュなホテル。館内には、名湯・道後温泉の湯を引く露天風呂付きの大浴場があり、道後の湯を存分に堪能できる。「道後温泉本館」「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」「道後温泉 椿の湯」にも近く、外湯めぐりもおすすめだ。客室はコンパクトながら機能的で居心地の良さを追求した空間で、さまざまな旅のニーズに応える客室タイプを揃える。朝食は、焼きたてのパンとスープを中心にしたこだわりのビュッフェ。ホテルを拠点に、思い思いの道後の旅を満喫したい。

  • 愛犬と楽しむ本格会席と源泉の湯 伊豆修善寺 絆+

    静岡県 / 伊豆市

    愛犬と楽しむ本格会席と源泉の湯 伊豆修善寺 絆+

    愛犬と一緒に愉しめる伊豆会席料理が自慢の湯宿

    伊豆最古の名湯・修善寺温泉に立ち、“愛犬と愉しむ本格会席と源泉の湯”で知られる温泉宿。ドッグランを屋内外に備え、ベッドでも布団でもどこでも一緒に過ごせる寛容さと、においや毛を残さない徹底した清掃を貫いている。客室は、離れの特別室を含む6タイプ17室。すべてが数奇屋造りの純和室だ。大浴場や離れ特別室などで堪能できる温泉は、源泉掛け流し。ロビーでは日本庭園を眺めながら足湯も愉しめる。料理は、伊豆会席を部屋食で提供。静寂な空間で、愛犬を傍らに旅情をゆっくりと味わいたい。

  • 昭恋館 よ志のや

    京都府 / 京丹後市

    昭恋館 よ志のや

    時代を象徴する著名人に愛された古き良き日本の宿

    日本の田園風景を見渡せる、静寂な漁師町の高台に佇む「昭恋館よ 志のや」。どこまでも続く海と空は紺碧のグラデーションを描き、白亜の灯台が雄大な日本海を見下ろすように立ち、広がる丹後松島の絶景が訪れる人を心の故郷へ誘う。夏は海水浴、冬は“間人ガニ”と四季を通して多くの人で賑わう丹後町に湧き出た「間人温泉郷」の湯で、旅の疲れを癒したい。時代を象徴する多くの著名人に愛されてきた、昭和の風情が残る空間で、日本海を眺めながら心に残るひと時を過ごそう。

  • ペンション おやじの海

    岡山県 / 備前市

    ペンション おやじの海

    頭島(かしらじま)でちょっとのんびりする旅を満喫

    岡山県日生諸島の頭島(かしらじま)に立つペンション。小さな島には豊かな自然が息づき、SUPやシーカヤック、海水浴、潮干狩り、釣り、みかん狩りなどが愉しめる。穏やかな海を眺めるカフェでランチやスイーツをいただき、一年中使用が可能なバーベキュースペースで魚介類を堪能したい。夕食で旬の料理を満喫し、またエステを受けたり離れの“ミュージックルーム”で音楽を聴いたりと、のんびりした“島時間”に身をゆだねよう。

話題・人気の朝食が美味しい宿をエリア別で探す

好きなものを好きなだけ 朝食ビュッフェの宿

ビュッフェ・バイキングスタイルの嬉しいところは、なんといっても自分の食べたいものを食べたいだけ食べられること。朝食会場に足を踏み込めば、色とりどりのさまざまな料理が目に飛び込んでくるのも、テンションが上がる体験です。オムレツなどを目の前で調理してくれる人気のライブクッキングや、焼きたてパンなどこだわりの朝食を味わえたり、フレッシュな旬の食材やその土地自慢の郷土料理などが並ぶのもお楽しみです。

  • ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ

    大阪府 / 大阪市此花区

    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ

    大阪観光にも最適なコンセプトルームが人気のホテル

    JR桜島駅から徒歩約4分と、大阪市街地にもアクセス抜群のホテルは、大阪観光の拠点やビジネス利用にも最適。全館禁煙で、「花畑」や「ジャングル」、「宇宙」をコンセプトにしたポップで愉しい客室が評判となっている。ダブルから定員6名の「デラックス6」まで全7タイプの客室を揃え、カップル、家族、グループでの利用や、女子会などにもおすすめ。種類豊富なメニューが味わえる朝食ビュッフェも人気。「Zeep大阪ベイサイド」に隣接し、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」へも徒歩約10分。大阪での愉しい滞在に利用したい。

  • 釧路ロイヤルイン

    北海道 / 釧路市

    釧路ロイヤルイン

    観光やビジネスに最適な釧路駅前のランドマークホテル

    JR釧路駅から歩いてすぐというアクセスの便利な立地にある「釧路ロイヤルイン」は、落ち着いた雰囲気のホテル。海側に面した客室からは、朝と夕で表情を変える釧路の景色を眺めることができ、ビジネスで訪れた人も旅行客もゆったりと寛げる。ぐっすり眠り、爽やかな朝を迎えたら、ホテル自慢の朝食をたっぷりといただこう。ホテルメイドの香り高い焼きたてパンをはじめ、釧路近郊の旬の新鮮な食材をふんだんに使った手作り料理の数々が、元気をチャージしてくれる。

  • 信州の湯 清風園

    長野県 / 千曲市

    信州の湯 清風園

    清らかな千曲川の畔に佇む創業90余年の老舗旅館

    千曲川の清き流れに育まれ、90余年の伝統を誇る「信州の湯 清風園」。老舗ならではの上質なもてなしと、全客室から千曲川を望む好ロケーションが自慢。また、“美肌の湯”と称される効能豊かな天然温泉も魅力で、内湯・露天風呂・つぼ風呂・貸切風呂・足湯と、多彩な湯処で自家源泉掛け流しの湯を堪能できる。湯浴み後は、信州の美味を集めた会席膳に舌鼓。地区最大級の規模を誇る庭園を散策するのもおすすめだ。客室は、純和室から、ツインベッドルームが付いた和洋室まで幅広いタイプを揃える。

  • HOTEL KATSUYAMA PREMIER

    愛媛県 / 松山市

    HOTEL KATSUYAMA PREMIER

    愛媛の美味が愉しめるレストランが魅力のホテル

    松山市の中心部、勝山通り沿いに立つ、観光にもビジネスにも便利な「HOTEL KATSUYAMA PREMIER」。自慢の朝食ビュッフェは、ホテル専属のシェフが腕を振るう本館1階のレストラン「GOCHISOU」にて。郷土料理をはじめ、地元ならではの食材を取り入れた和洋折衷のさまざまな種類の料理をビュッフェスタイルにて用意。また、昼は洋食プレートランチ、夜は愛媛の美味を詰め込んだ御膳メニューが愉しめる。

ビュッフェ・バイキングの朝食が美味しい宿をエリア別で探す

朝ごはんで郷土料理を楽しむ ご当地朝食のある宿

宿の夕食で地のものを味わうのは旅のお楽しみですが、朝食でもその土地の名物を味わえます。地元の野菜や魚を使った料理のほか、自慢の郷土料理を食べられる宿も。和朝食、洋朝食、ビュッフェとさまざまなこだわりのスタイルでご当地朝食を味わえます。出張の場合、ローカルな地域に来たものの現地で旅行らしい時間がとれないことはよくあるものですが、朝食でちょっとした旅気分が味わえるのはうれしいですね。

  • 割烹旅館 湯の花荘

    栃木県 / 那須塩原市

    割烹旅館 湯の花荘

    平安時代から続く温泉地にある源泉掛け流しの宿

    日光国立公園内に佇む、おもてなしの宿「割烹旅館 湯の花荘」。すべての客室が箒川の溪谷に面しており、渓谷美はもちろん、日光の山並みと渓谷のハーモニーが愉しめる。湯は、疲労回復や婦人病などに効くとされる弱食塩泉で、加温・加水一切なしの、源泉100%の掛け流し。露天風呂や大浴場はもちろん、8室ある露天風呂付きの客室の湯も、源泉掛け流しという贅沢さだ。また、厳選された食材を使った、月替わりで供される料理長自慢の懐石料理や、美しさのあまり、夕食かと見紛う朝食も好評。

  • 山川温泉 ASOGUNIグランピング

    熊本県 / 阿蘇郡

    山川温泉 ASOGUNIグランピング

    日常から解き放たれた癒やしの空間と時間を満喫

    熊本県阿蘇郡の森に囲まれ、山川温泉が愉しめるグランピング施設。ころんとした形のマシュマロテントと、2023年3月にオープンしたシェルテントにはエアコンや冷蔵庫があり快適な環境。さらにアドリアモービルのキャンピングカーにも泊まれ、すべてのサイトでSNS映えもばっちりだ。食事付きのプランでは夕食に「くまもとあか牛」を堪能できるバーベキュー、朝食に「阿蘇小国ジャージーヨーグルト」が付いたホットサンドセットが準備される。敷地内の「山川温泉 小杉庵」で源泉掛け流しの湯浴みも満喫できるので、存分に癒やされよう。

  • 奥飛騨温泉郷 平湯温泉 岡田旅館

    岐阜県 / 高山市

    奥飛騨温泉郷 平湯温泉 岡田旅館

    和の趣に包まれて寛ぎの時間を過ごせる奥飛騨の湯宿

    奥飛騨の旅情をしっとり味わえる和の趣に包まれた館内で、奥飛騨温泉郷・平湯温泉を楽しめる老舗湯宿。純和風の客室では、北アルプスの山並みを眺めながら寛げる。開放感あふれるロビーにはカフェスペース、地元の名物や特産品を揃えた土産処もあり、愉しい旅のひとときを過ごせると好評だ。奥飛騨の四季を感じられる庭園では、草花を愛でながらの散策もおすすめ。日常から離れて、ゆったりと流れる旅の時間に癒やされてみては。

  • 四季の宿 明翠

    鹿児島県 / 霧島市

    四季の宿 明翠

    完全プライベート空間で宿自慢の天然温泉を満喫

    鹿児島県霧島市に立つ温泉宿。隣接する温泉施設「いやしの湯 山翠」を営むなかで募った、“もっとお客様にゆっくり過ごしてほしい”という思いから生まれた宿だ。9室のみの宿で、全客室に2種類の露天風呂と1種類の内湯を完備。なかには、ミストサウナ付きの客室も。部屋は、和室とツインベッドルームから成る和洋室タイプ。和室に布団を敷いて休むことも可能だ。食事は、四季折々の地元食材を使った会席料理を愉しめる。プライベート空間でゆっくり寛げるので、女子旅や家族旅行などにおすすめ。

ご当地朝食が美味しい宿をエリア別で探す

朝食が美味しい宿をエリア別で探す

よくあるご質問

  • 新垣結衣さんや米倉涼子さんが登場する「月刊旅色」をいつも楽しみにしていますが、最近は「旅色FOCAL」も気になっています。旅色FOCALについて詳しく教えてください。

    いつもご覧いただきありがとうございます。「旅色FOCAL」は日本のローカルにフォーカスする旅色特別号で、はじめて訪れる土地で見つけた感動や興奮をお届けする電子雑誌です。毎月25日公開の「月刊旅色」とあわせて、旅色FOCALも是非お楽しみください。

  • 旅色では観光情報だけでなく、旅館・ホテル、飲食店、レジャースポットの情報を取り扱っているかと思いますが、それぞれどのページを参考に選べばよいでしょうか。

    旅館・ホテル」「グルメ・飲食店」「観光・体験・レジャー」など、それぞれで専用のページを設けています。また「人気ランキング」「厳千宿」「テーマ別特集」など特別コンテンツでもご紹介しております。

その他の特集を見る

サウナ付きのホテル・旅館で 心おきなくととのう旅
家族旅行におすすめの宿
一棟貸し貸別荘で過ごす休日
おしゃれに楽しむグランピング グランピングという贅沢
ずっと思い出に残るひと時を 記念日を特別にする旅館・ホテル